巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

『ラ・ラ・ランド』は「夫婦で観たらダメな映画」なのか!?

2017年3月24日 07時30分 ライター情報:田幸和歌子
『ラ・ラ・ランド』、もう観ましたか?
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

大ヒット上映中の映画『ラ・ラ・ランド』。

衣装や音楽の素晴らしさ、多数のミュージカルのオマージュなど、見どころは多数あるものの、実はこれ、カップルや夫婦で観に行く人が多いにもかかわらず、「夫婦で観たらダメな映画」という声が多数ある。

予告CMを見る限り楽しく多幸感溢れる映画なのに、いったいなぜなのか。
【注意:以下、ネタバレあり】








観た人が「夫婦で観たら気まずい」と思う理由


Twitter上には、「夫婦で観たら気まずい」という声が多数ある。
「ララランド ちなみに夫婦で観ると気まずいです。ラストで号泣してた私と、それを観た妻。誰を思って泣いてるのかは、何を想って泣いてるのかは、お互い聞けないし言えないのです」
「カップルでララランドみた人達のあの感じに笑った。多分夫婦で見るのとカップルでみるのとはわけが違うw」
「そういえばララランドは夫婦で見ると危険らしいぞ」
「『ララランド』は夫婦、恋人で観に行くには危険な映画! 一人で行くのが勝ち組!」
「ララランド、圧倒的に夫婦デートに向かない映画だった…宣伝の仕方に悪意を感じる…何この気まずさ…予想もしない辛さだ…」
「『好きな仕事をするか、安定した生活を求めるか』みたいな話で険悪になる場面を見て、『うちの夫婦みたいだな』と深く共感したわけですが、見終わってから妻にその話をしたら、『わたしもそう思ってた』と……」

夫婦で観たら気まずい理由として挙げられるのは、いわゆるハッピーエンドではないために、悲しい別れを経験したことがある人や、昔の恋人との思い出がよみがえって感傷的になったりする人が多そうだということ。
さらに、人生の選択に何らかの悔いを残している人も、切なく感じるところがあるだろう。

また、単純に「夢を追う自分の背中を押してくれた男をさっさと忘れ、間で連絡もとらず。別の男と結婚し、子どももいること」に対するショックを訴える男性の声もあった。
実際、再会した際には互いに夢をかなえていているにもかかわらず、スターになり、幸せな家庭も持っているミアに対して、理想とする店を持ったものの、独り身でいるセブのほうは少し寂し気にうつる。
「昔の恋愛を男のほうが引きずり、女はすぐに忘れる」「ある意味、リアル」という声も。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

コメント 2

  • ロレ~! 通報

    親子連れが一番可哀想だったね、幼い子どもとその親、楽しいはずの映画が最後にトンでもないことに! 時間とカネと精神的ショックの賠償しろ? 映画見終わったあの親子達の「今」が気になる。

    1
  • 匿名さん 通報

    田舎なので作品がまだ配給されていない分、ネタバレを読んでしまい、ガッカリした。それとも、遠征して見る前に見るまでも無いと分かって良かったのかも。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品