巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

今にも動き出しそうな羊毛フェルトの猫たちに出会える猫ラボ個展

2017年3月22日 07時40分 ライター情報:古知屋ジュン
以前にコネタでも何度か紹介した、羊毛フェルトで猫を制作するアーティスト・猫ラボさん

最近では猫への偏愛を発信するプロジェクト「Cat's ISSUE」への参加作品なども話題を呼んでいるが、3月18日より個展「猫のいるところ」を、南青山・ビリケンギャラリーで開催中だ。
初日のTwitterでは、「今にも動き出しそう」「猫がリアルにかわいい瞬間を切り取ってる」「デフォルメとリアリティのバランスが神!」といった感想がつぶやかれ、展示中の全作品がすでに完売。期待感が高まる今回の展示について、猫ラボさんに聞いてみた。

愛くるしい羊毛フェルトの猫たちに出会える猫ラボ個展「猫のいるところ」は、南青山・ビリケンギャラリーで4月9日まで開催中。


猫ラボ 「今回の個展では、猫を介してつながったクリエイターたちと何か一緒にできればと思い、作品とコラボした焼き菓子を販売したり、同じく猫を愛してやまないシンガーソングライター・山田稔明さんのライブを開催したりします(※残念ながらチケットは完売)。猫がいる場所は単純にのぞきたくなるし、いたら楽しいし、でもそれだけでなく猫を通して何か新しいことができたり人がつながったり、そういった広がりがテーマです。会場のビリケンギャラリー(ビリケン商会)はレトロおもちゃやオリジナル怪獣フィギュアなどの老舗でもありますが、その常連さんにも当然猫好きはいてたまに猫の話で盛り上がったり、逆に今回猫からビリケンギャラリーの存在を知る人がいるといいなと期待しています」
現在展示されている21作品は観る人の目線の高さを考え、ディスプレイする高さも作品ごとに変えている。ここにさらに会期中に1~2作品が追加されるとのこと。


山田稔明さんによる猫をモチーフにした温かみのある楽曲が流れるなか、展示コーナーの入口で出迎えてくれるのが、この「あずき」(写真左)と「ささげ」(写真右)。
寅印菓子屋の定番人気アイテムを組み合わせた「猫のいるところ」コラボ焼き菓子セット(ミケ猫パウンド/ザッハクッキー/いちごのマシュマロ、650円税別 ※数量限定)を販売。

猫ラボ 「今回初めて擬人化した猫を作りました。といっても猫の形はそのままで、『猫ってたまに人間みたいな動きをするよね』という範囲ですが。モデルはこの今回の個展に焼き菓子のセットでコラボ参加してくださる寅印菓子屋さんのお家の子たちで、すっくと立ってお菓子の売り子さんをしてくれています(こちらの作品は非売品)」

猫ズが手に持っているのは、ミニチュアの寅印菓子屋のお菓子!ロゴシールなど、細かい部分までの再現がみごとだ。

関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品