巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

7

『ひるね姫』の主人公に葛藤がなくペラペラな理由

2017年4月15日 11時30分
ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんによる、話題の作品をランダムに取り上げて時評する文化放談。今回は映画『ひるね姫』について語り合います。


すべてを知るために、私は眠る。
岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。
進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。
2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕 され東京に連行された。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている 夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。
たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、ココネは夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。
それは彼女にとって思 いがけず、“知らないワタシ”を見つける旅でもあった。
『ひるね姫』作品情報


上の世代と元同僚たちは無能! という監督の人間観が丸出し


藤田 『ひるね姫』は『攻殻機動隊S.A.C』の神山健治監督の最新作にして、初のオリジナル劇場用アニメです。さて、どうでしたか。
 ぼくは『キネマ旬報』4月上旬号で、神山監督と宮台真治さんの対談を構成したので、多少カンニングしたみたいな部分があるのですが、率直に言ってしまえば、エンターテイメントとしては、正直、物足りないです。ですが、神山監督は敢えてそれをやったらしいので……。ぼくの感想は、あとで言います。

飯田 「あえてやった」って言われても、観客からしたら「知るか」という話ですけども。Twitterで「ひるね姫」で検索しようとすると連想検索で「ひるね姫 つまらない」が最初に出てきますね(3/31現在)。
 褒めている人もいるのでその抱いた感想は否定しませんが、僕は全然ダメだと思った。

藤田 なるほど。どの辺りが。

飯田 ひとことで言えば、神山さんは、自分だけは無垢・無謬でありまわりは愚鈍、自分はそいつらの被害者であるという価値観のまま親になってしまったんだと思う。それゆえに、とてもいびつで不愉快な人間描写になってしまっている。

藤田 たとえば?

飯田 前提として、神山さんがどういう人なのかがわかるエピソードを2つ挙げましょう。
 ひとつは「自分は上の世代に苦労させられてきた」という話をあちこちでしていること。たとえば『文藝別冊』で特集が組まれたときに宮崎吾朗監督との対談の一言目に「お互い上の世代には苦労させられてきましたよね(笑)」みたいなことで始めている。宮崎吾朗は宮崎駿に、自分は押井守に、と。この「上の世代は俺たちを苦しめる存在である」という信念は、今回も、主人公のじいちゃんは頑固で、主人公の母親のクレバーな提案を受け入れなかったやつ、というかたちで引き継がれている。

藤田 それはその通りですね(笑)

飯田 もうひとつは、いっしょに作品をつくってきたけど自分の元を去っていった人たちを悪く言うこと。たとえば『S.A.C』制作時にすごくいいチームができたけど、「カネがほしかったからか知りませんけど」みたいな前置きをして、多くの人が自分の元を去っていったことを語る。
 このふたつの語りに共通しているのは「自分に何か問題があったから苦労したり、人が去っていったのでは」という感覚がまったくないこと。つねに自分こそ正しく、他者に問題があり、自分は被害者である、というニュアンスが見え隠れするんですよ。
 で、『ひるね姫』って主人公たち親子だけは無謬で正義であるということを一ミリも疑っていないし、そこはブレない。
「上の世代」(主人公のじいちゃん。自動車会社の会長)は頑固で正しい意見を受け入れなかった、間違った選択をした人間という描かれ方になっている。

藤田 主人公、両親、祖父の三つの世代があって。親と祖父は世代間闘争を演じているんですよね。ソフトウェアを重視する前者と、ハードウェアを重視する後者。しかし、主人公の女子高生はそういう抗争や葛藤と無縁になっている。これはなんなんだか……

飯田 で、父母の「元同僚」は、エンジニアだった父を田舎に追いやった人間だと。
 しかし父も母も優秀であったし、何か間違ったり誰かに迷惑をかけたという点は一個もない人物として描かれている。
関連キーワード

コメント 7

  • 通報

    これ批評なの? 最初から批難すること決めてかかってる気がしますけど、 それなら批評と言わず最初から批難したって記事にしてください。 この人たちの話は読んでて気分が悪いです。

    17
  • 通報

    俺も「ひるね姫」には正直疑問に思った部分はあったけれど、作品への批判を作者自身への批判にすり替えてしまうサブカルの評論家は本当にタチが悪いと思う。

    14
  • ねむり姫 通報

    攻殻機動隊とは似つかない人間味あふれる映画です。 君の名は。や 同時上映の多さで陰に隠れてしまったんでしょうか・・・。 世渡り下手なファンタジー好きに特におすすめです。私はうるっときました。

    7
  • a 通報

    監督の人格をメタクソに言ってる部分はどうかと思うが、脚本がゴミで整合性も取れてないクズ映画なのは確かなので、言われてる側に対する同情は湧かないな

    2
  • 通報

    完成した『シン・ゴジラ』には、神山版初期プロットはまったく反映されてないんじゃなかったっけ?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品