巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

「人生に影響を与えたテレビ番組」を約20人に聞いてわかったこと

2017年5月18日 08時00分 ライター情報:ネルソン水嶋

今やインターネット上にコンテンツは豊富にあり、映像を見るという機能面ではYouTubeはもはやテレビとほぼ変わらない。サイバーエージェントが出資するインターネットテレビのAbemaTVが5月7日に放映した「亀田興毅に勝ったら1000万円」という企画番組は、視聴者数のべ1300万超という驚異的な数字を叩き出した。

と、そんな感じで何かとインターネットの勢いに圧されているとも言われる昨今のテレビ業界ですが、ここで10代から60代までの方々に「人生に影響を与えたテレビ番組」というテーマでアンケートを取ってみました!想像以上に見えてくるみなさんの人生観。そして、分かったことは、みんなテレビを観ながら大人になったという事実でした。


猿岩石やパンヤオに憧れて貧乏一人旅へ


テレビ番組:電波少年シリーズ(1992~2003年・日本テレビ)
番組内容 :アポなしロケ、ヒッチハイクの旅、懸賞生活など、無名の若手芸人による実験的な体当たり企画が特徴の番組。テロップの見せ方やハンディカメラの映像を主体に進行する手法は後のバラエティ番組に多大な影響を与えた。

受けた影響:出ていた芸人さんたちが輝いて見えて、当時はどうしたら自分も出られるかずっと考えていました。猿岩石さんやパンヤオさんに憧れ、少しでも近づきたくて、今でも貧乏一人旅をときどきしています。(女性・29歳)


それまでのフォーマットを打ち壊した一発芸の魅力


テレビ番組:突然ガバチョ!(1982~1985年・MBS)
番組内容 :笑福亭鶴瓶がパーソナリティの観客参加型のバラエティ番組。「テレビにらめっこ」や「つるべタクシー」などのコーナーが人気となった。

受けた影響:突然ガバチョといえば、なんといってもテレビにらめっこ(視聴者からのハガキを鶴瓶が読み上げ、観客も出演者も鶴瓶自身でさえも笑ったらスタジオから退場させられるというコーナー)。その当時、ユーザー参加型&パーソナリティ主導型のコント的な企画が主流だったバラエティ番組の中で、「一発芸」という世界を教えてくれました。(男性・50歳)


海外に出るきっかけになった番組


テレビ番組:世界がもし100人の村だったら(2003~2009年・フジテレビ)
番組内容 :世界各地で過酷な状況に生きる子どもたちを取り上げる番組。ときには、著名人が現地へ行って取材する。2003年から2009年まで毎年一回ずつ放送された。

受けた影響:メディアを通してではなく、自らの目で確かめることや、コミュニティや、また現状を世界に知らせる重要性について学びました。人種や文化による価値観の違いを知るきっかけになった、自分のターニングポイントであり、海外で働くきっかけにもなっています。(男性・27歳)


カッコイイ大人とはこういうものだ


テレビ番組:俺たちは天使だ(1979年・日本テレビ)
番組内容 :沖雅也主演のドラマ。金に縁のない麻生探偵事務所の5人が、さまざまな依頼を通して一攫千金を目論見というアクション・コメディ・ドラマ。

受けた影響:ホントにカッコイイ大人というのを軽快に映像化したコメディータッチの探偵物です。真剣にバカをやる大人のカッコよさをドラマから教わった気がします。(男性・42歳)


怯むことなく行きなさい、冒険は楽しい。


テレビ番組:ひょっこりひょうたん島(1964~1969・NHK)
番組内容 :海を漂うひょうたん島を舞台に、個性豊かなキャラクターたちがミュージカル形式で数々の笑いと風刺、冒険の物語を繰り広げる人形劇。

受けた影響:冒険というものについて、「怯むことなく行きなさい、楽しいよ」ということを教えてくれた。テーマソングに唄われている内容は、僕にとってかなり現実的な未来図だったね。(男性・65歳)

関連キーワード

ライター情報: ネルソン水嶋

ベトナム在住。現地の事情や、たまに東南アジア全体のコネタを提供。写真の服はドリアンです。

URL:Twitter:@nelson_mzsm

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    「突ガバ」のTVにらめっこwww今でも覚えてる。「オシリ掻いたら粉ふいた」www

    0
  • 匿名さん 通報

    トラック野郎を見て運ちゃんになりたいと思い、白昼の死角を見て弁護士か検事になりたいと思った。 なお小学6年生の時、将来の夢は現実を直視しサラリーマンと書いた。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品