巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ぴちょんくん」がボーッとして無表情な理由が深かった

2017年6月9日 08時00分 ライター情報:石原亜香利
ぴちょんくん(c)DAIKIN.H.T

ダイキン工業のゆるキャラ「ぴちょんくん」。“水蒸気”をモデルとしたこのキャラクターは、どうして生まれたのか、そしてその名は誰がどういう意図でつけたのか。そしてぴちょんくんの知られざる不思議な生態について、ダイキン工業の担当者に聞いてみた。

はじめは可愛くなかった「ぴちょんくん」誕生の経緯


「2000年に、当社のルームエアコン『うるるとさらら』の加湿機能をどうアピールしていくかを検討していました。そこで、水滴を使って湿度の有無を表現することになり、たまたま水滴に目と口を付けたところ、キャラクターができました。それが初代ぴちょんくんです。

初めはどんぐりのような形でかわいくなかったのですが、広告代理店の方々などと協力して改良し、完成しました。CMでは名前の無い状態で使い始めましたが、その後、『かわいい』『名前は何?』という反響があり、CM監督に命名してもらいました」

(c)DAIKIN.H.T


“グータラでボーッとしている”キャラ設定の理由


ぴちょんくんは、グータラでボーッとしているキャラクター設定になっている。なぜこのような設定になったのか。

「ぴちょんくんが表している水蒸気は、冬の乾燥する時期には『うるおい』と呼ばれて歓迎されるのに、梅雨時期やジメジメ・ムシムシする夏になると『湿気』と呼ばれて嫌われてしまいます。季節によって扱われ方が変わることを、いちいち気にしないようにしているうちに、グータラでボーッとした性格になりました。おまけに無表情で無反応です」

ぴちょんくんは、何気ない素振りを見せるものの、もはや悟りの境地に至っていたようだ。

関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

URL:http://akari-ishihara.hatenadiary.jp/

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品