巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く

2017年7月14日 13時35分 ライター情報:すがたもえ子

両国駅にある幻のホーム


両国駅に普段は立ち入ることができない3番ホームがあることをご存知だろうか。
この幻の3番ホームに立ち入ることができるイベントが、この夏開催されることになった。
2番ホームから見た3番ホームのイベントの様子

JR両国駅は1929(昭和4)年に建てられ、当時は房総半島(千葉県)へ向かう総武線の起点駅だった。当時は東京、上野、新宿、横浜、新橋に次ぐ第6位の取扱収入をほこる巨大ターミナル駅だったが、29年前に定期旅客列車の発着がなくなり、閉鎖されてしまった。そのため現在は使われておらず、ホームは通常立ち入り禁止になっている。
ホームへは「3番線臨時ホーム入口」から入る


駅のホームでギョーザを焼く



両国駅には「ようこそギョーザステーションへ」の横断幕が
このイベントは味の素冷凍食品株式会社(以下味の素)のギョーザの発売45周年を記念したもので、誰でもギョーザを焼いて食べることができるというもの。もちろんビールなどのドリンクも一緒に楽しめる。
ホームにならんだ各テーブルにはガスコンロとフライパンが用意されている。
自分でギョーザを焼いて食べるスタイル
45周年お祝いキャラクター「ギョーザフェアリー」にも会える

ギョーザ発売45周年を記念して登場したギョーザの妖精・ギョーザフェアリー。ギョーザが羽根になっていて、手にはフライパンを持っている。
ホームには提灯が並んでいてちょっとしたお祭り気分も味わえる

ホームの壁の部分には昔の両国の風景が描かれている。

期間中は限定のイベント列車も3番ホームに乗り入れ、しばらく停車しているので写真撮影も可能だ。電車好きもテンションが上がりそう。
ただし乗り降りはできない


「ギョーザステーション」では普段立ち入ることのできない幻の3番ホームと、駅のホームでギョーザを焼くというダブルの非日常を体験できる。

ホームについたら、まずはスターターキット(450円/税込)を購入しよう。この基本セットには味の素冷凍食品「ギョーザ」1袋(12個入り)とドリンクが付いている。ドリンクはビール(中瓶)、チューハイ、ノンアルコールビール、キリンレモン、ウーロン茶の中から好きなものを選ぶことができる。もちろん足りなくなったらギョーザもドリンクも追加で購入できる。
注文用紙に記入しよう
スターターキットはこんなかんじ
席に着いたら自分でギョーザを焼いていく

関連キーワード

ライター情報: すがたもえ子

旅と祭と妖怪と温泉が大好物なフリーライター。面白そうなこと大好き。猫をこよなく愛しています。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品