巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

日本一のボードゲーマーを決める「ボードゲーム王選手権2017」を見てきた

2017年9月2日 10時00分 ライター情報:舟崎泉美/イベニア
最近ますます盛り上がりを見せるボードゲーム。アナログゲームを販売する『ゲームマーケット』も年々規模が大きくなる中、ゲームをプレイする側のイベント『ボードゲーム王選手権2017』が初開催された。
画像提供:すごろくや


参加者は3人1組となりボードゲームにまつわるさまざまな種目に挑戦。勝ち抜いた参加者にはボードゲーム王の称号が与えられる、日本一のボードゲーマーを決めるイベントだ。
左から司会の佐藤貴史さん、やおよろズまりえ先生


まずは予選突破を目指せ!


まず参加者たちが挑戦したのは、ボードゲームクイズ。ボードゲームについてのさまざまな知識が必要となってくる。問題の一部を紹介しよう!

(初級)
Q.ボードゲームを中心に高校生活を描いた漫画『放課後さいころ倶楽部』が連載されている雑誌は?
1.ゲッサン 
2.ウルトラジャンプ 
3.アクションピザッツ 
4.漫画タイムきららフォワード

(中級)
Q.今年のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel das Jahres)の受賞作は?
1.エルドラド 
2.マジックメイズ 
3.キングドミノ 
4.コードネーム

(上級)
Q.「ゲームマーケット」が東京ビッグサイトに開催場所を移す前に開催されていた場所は?
1.ハイフライプラザいたばし 
2.東京都立産業貿易センター台東館 
3.大田区産業プラザPiO 
4.大宮ソニックシティ

ボードゲーム好きなら知っていて当然の常識問題から、マニアックなカルト問題まで。正解は以下の通り。

(初級)1.ゲッサン 
(中級)3.キングドミノ 
(上級)2.東京都立産業貿易センター台東館

問題数は全部で75問、制限時間は30分というのだから、なかなか難しい……、まさに日本一の知識力が必要と言えそうだ。
画像提供:すごろくや


そのほかの予選では、ルールに沿ってどれだけ高くカードを積み上げられるか競う『キャプテン・リノ』や、他のチームの回答を予想する紙ペンゲームの『マネージャガ』と『テレパシー』、交渉と推理によってチップとルールを集め得点を競う『ハグル』などが行われた。
画像提供:すごろくや


関連キーワード

ライター情報: 舟崎泉美/イベニア

小説、脚本(映画、舞台、ゲームなど)の他、雑誌、WEBに、記事を寄稿。『ほんとうは
いないかもしれない彼女へ』で、第一回本にしたい大賞受賞。

URL:http://izumishiori.web.fc2.com/

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    メガネ率、高!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品