8

「三峡ダム」の恐怖! 攻撃されたら万事休す・・・軍壊滅、民は「億単位で飲み込まれる」=中国メディア

2015年7月22日 15時13分 (2015年8月28日 00時01分 更新)

 中国の軍事情報サイト「捷訊網」は21日、米国や台湾と戦争の事態になった場合、三峡ダムがミサイル攻撃を受け破壊された場合には、戦争に必要な軍部隊も水に飲まれ、民間人の被害は数億人にのぼると紹介した。(サーチナ)

 中国の軍事情報サイト「捷訊網」は21日、米国や台湾と戦争の事態になった場合、三峡ダムがミサイル攻撃を受け破壊された場合には、戦争に必要な軍部隊も水に飲まれ、民間人の被害は数億人にのぼると紹介した。

 三峡ダムの危険性については早い時期から指摘があり、応用数学などを研究した著名学者の銭偉長氏(1912-2010年)は、三峡ダムが通常弾頭付き巡航ミサイルで攻撃されて崩壊すれば、上海市を含む下流の6省市が「泥沼」となり、数億人が被害を受けると試算した。

 記事によると、三峡ダム下流の長江沿岸には軍の駐屯地が多く、軍も戦争遂行が不能になるという。

 記事は、三峡ダム攻撃をまず研究したのは台湾と指摘。中国軍が台湾侵攻を試みた場合、台湾は同ダムを含む大陸部のインフラ施設攻撃を念頭に置いたという。

 記事は次に、尖閣諸島で対立する日本による攻撃も取り上げた。奇襲すれば「釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)はポケットの中の物を取り出すのと同様に簡単に手に入る」と豪語するタカ派軍人もいると紹介する一方で、三峡ダムへの攻撃リスクを考えれば、「釣魚島奇襲は不可能」と指摘。それまでに、時間をかけて三峡ダムの水を抜いておかねばならないと主張した。

 記事はさらに「釣魚島を奪取しても利は小さい。三峡ダムの被害は甚大だ。しかも、(尖閣奇襲で)先に手を出した方(中国)が国際世論の非難を浴びる」と論じた。

 記事は、尖閣諸島が原因で戦争になった場合、米国による三峡ダム攻撃もありうると指摘。さらに、国境問題で対立するインドが攻撃する可能性にも触れた。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:CNSPHOTO)


【関連記事】
「F-22」戦闘機を楽々撃墜! 中国の「PL-10」空対空ミサイルの性能
まるで旧日本軍!・・・ハイペースで大型艦艇を建造する中国海軍
中国の空母「遼寧」がヤバい?・・・「金属疲労で変形の可能性」
中国を裏切った5国家・・・「武器を輸出してやったのに」
海上自衛隊に劣る「兵士の能力」・・・中国海軍は人材不足

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 8

  • 匿名さん 通報

    攻撃されなくても手抜き工事の結果自然崩壊して国家が壊滅するんじゃないですかね?

    23
  • hidezii 通報

    これは、もう20年ほど前から中国国内ですら危惧されていた事。 でも、広く知られることが大切なんですよネ。  「中国の横暴を抑える」意味で!!

    16
  • 匿名さん 通報

    何度も起こってる近年の豪雨による洪水の被害よりも、戦争ごっこの心配か。すご~い!

    7
  • 匿名さん 通報

    民間人が犠牲になる攻撃は、簡単にはできないだろうなぁ。攻撃される側は、考えておかねばならないことだろうが。

    6
  • 匿名さん 通報

    軍事ごっこが好きな国民だなぁ。外資が撤退し貿易摩擦が高じると億単位の失業が出るのは怖くないのか?

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品