今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「パックマン」と「ぷよぷよ」が対談! イヤだなってところからアイデアは生まれる

2010年8月26日 11時00分 ライター情報:米光一成

パックマンVSぷよぷよ!

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

1980年に登場し世界的大ヒットとなったアーケードゲーム「パックマン」の生みの親、岩谷徹。
1991年に登場し、いまだに続編がリリースされつづけている落ちゲー「ぷよぷよ」の生みの親、米光一成。
この二人が対談するイベントに行ってきた!
「行ってきた!」っても、これを書いているのは米光一成本人なので、そりゃ行きます。

2010年8月21日、東京工芸大学特別講演。
岩谷徹さんは、東京工芸大学芸術学部ゲーム学科の教授なのだ。
タイトルは「ゲームの未来と教育」。

「ゲームを作りたいな」というときに、自分が遊んだゲームの延長線だけで考えると視野が狭すぎる。
そんな話題から、パックマンのキャラクターを思いついたときのエピソードが披露された。
岩谷「丸いピザを一切れたべた形が、口を開けたキャラクターに見えて、パックマンのキャラクターが誕生したんです。食べるというキーワードでアイデアを探していたんですよ」
米光「視点を持って見てるのって大切ですよね。「ゲーム」「食べる」っていう視点で世界を見ている。そうすると、たんなるピザも、世界的なキャラクターになっていく。ぼんやり見てると、ただのピザ。ぼくだったら、うめぇってバクバク食べて終わってるw」
岩谷「問題意識を持って動いていると、かならず何かに結びつくんです」
米光「『リブルラブル』(妖精を線で囲って捕まえるゲーム:1983年)って、ディスコで……」
岩谷「そう。ディスコが人でいっぱいだったんです。ぼく、けっこう激しく踊るタイプだったので、他の人が邪魔で。だから、ロープで囲って、ぎゅって縮めたらスペースができるなって」
米光「実際にやったわけじゃないですよね?」
岩谷「やってないですよ!」
米光「妄想した」
岩谷「発想しただけです」
米光「そういうふうに嫌な状況でも、イヤじゃなくなる力が発想力にはあると思うんです。やらなくても、思いつくだけで、ちょっと嬉しい」
岩谷「必要は発明の母。困ったな、イヤだなってところからアイデアは生まれます」

その後も、話題はどんどん転がって、「ゲーム作りのおもしろさ」「ナムコ、驚きの朝礼」「失敗は勲章」「影響を与え合う喜び」「チョイスすることの楽しみ」「マリオは何人死んでもだいじょうぶ」「プレゼンは場数」「ゲームの悪影響って?」「リカバーできる社会」「パックマン30周年」「ゲームを作ることは人を知ることだ」「手近な楽しみだけだと飽きるよ」などなど、さまざまな話題が飛び交うスリリングな時間を過ごした。
関連キーワード

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品