今注目のアプリ、書籍をレビュー

わかりにくいと評判のiOS5「iMessage」を超ていねいに解説してみた

2011年10月27日 11時00分

ライター情報:杉村啓

MMSは吹き出しなどが緑色になります。ちなみにMMSでも写真を送ったりすることは可能です

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

iOS5になって登場したiMessage。以前の記事でも書いたのですが、ちょっとまだわかりにくい部分があるということなので、実用的な部分も含めてあれこれ解説していきましょう。

なお、iMessageは「メッセージ」アプリを使います。というわけで、以降の文章で「メッセージ」と出たら、それはアプリのことを指していると思ってください。メッセージと「」付きじゃなかったらそれは単なるメッセージを指していることになります。ちょっとややこしいのですが他に適当な名称が無いので「」の有無で区別しています。ご了承ください。


●その1:そもそもiMessageとは?

iMessageとはInstantMessager(以下IM)と考えましょう。MSN MessengerやYahoo! MessengerやGoogle Talk、そしてSkypeなどと同じです。

宛先欄に入力したアドレス等がiMessageに対応しているとiMessage扱いになってやりとりができるというわけです。普通のIMでは事前にユーザー同士がフレンド登録をしてからやりとりするところを、しないでやりとりするというのがiMessageの特徴と言えます。

●その2:扱えるメッセージを確認する

「メッセージ」アプリで扱えるメッセージにはSMS/MMS、iMessageのやりとりがあります。このうち注意するのはMMSです。

MMSは簡単に言うと、キャリアメールアドレスが該当すると思えばいいでしょう。iPhoneでソフトバンクのユーザーは@softbank.ne.jpのアドレスがそれにあたります。@i.softbank.jpは普通のインターネットで扱うことのできるアドレスなので、実はここに該当しません。

MMSでやりとりしているのを見極めるにはどうしたらいいか。それは、メッセージの吹き出しが緑色になっているときです。このときには基本的にMMSモードでやりとりをしていることになります。

MMSモードでやりとりをしているということは、iMessageではなく、今までのように携帯同士でメールのやりとりをしていると思ってください。

そして、吹き出しが水色のときはiMessageでのやりとりになります。画像を送ることができたり、多くの人と同時にやりとりをしたりすることができます。さらにはIMなので、誰かが入力をしていると、その入力が「・・・」のように表示されたりもします。
関連キーワード

ライター情報

杉村啓

1976年生。ライター。料理漫画研究家として様々なテレビ番組やイベントに出演していたりもします。画像はNHK-BSのMAGNET出演時の物。醤油にはまって「醤油手帖」という同人誌を作っていたらタモリ倶楽部にでることに。また、2013年末には河出書房新社より「醤油手帖」(商業版)刊行予定。IT/ガジェット系のライターとしても活動中。自由大学日本酒の先生をやっていたりもします。

ツイッター:@mu_mu_
ブログ:醤油手帖
ザ・インタビューズ:醤油をこぼすと染みになる

注目の商品