今注目のアプリ、書籍をレビュー

『閃乱カグラ』の本気がゲームを変える。超没乳型「ヘッドマウント・パイプレイ」開発秘話

2014年7月14日 19時45分

ライター情報:たまごまご

このエントリーをはてなブックマークに追加
「爆乳の力で世界を変える」
我々は8月7日(木)に発売される、人気爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ』シリーズの最新作『閃乱カグラ2-真紅-』で、乳への並々ならぬこだわりを魅せ続けている、爆乳プロデューサー高木謙一郎部長が率いる「爆乳ハイパー発明部」が発足したという情報を乳手した。

そもそも爆乳ハイパー発明部とはなにか?
人間はおっぱいが好きだ。みんな大好きだ。
ならばおっぱいは世界平和に役立つのではないか?



爆乳プロデューサー高木謙一郎の言葉である。なんと熱い創設宣言だろう。
高木謙一郎は爆乳を「夢と希望の詰まった、神様の最高の発明」と言っている。
これには反論をあげるものはいないだろう。いないだろう?

では実際にどのような発明品が開発されているのか。
その第一弾が超没乳型ウェアラブルデパイス「ヘッドマウント・パイプレイ」である。
この名前からして、どんだけパイが好きなのかよく伝わってくるネーミングである。
ヘッドマウント・パイプレイの写真を紹介しよう。



なんと美しいフォルムだろう。
弾力のあるお椀型、顔をうずめたくなる谷間、そして柔らかそうな質感と、引っ張ったらほどけかねない乳布!
しかし重要な問題がひとつある。リアルなおっぱいはもう少し重力にしたがって下に重みを持つはずだ。しかしヘッドマウント・パイプレイはあまりにも整いすぎていないだろうか?
その質問に対して、開発を担当したパイオニアの一人、TAMIO氏はこう語る。

「開発の初期に多数の爆乳ラフモデルを作りましたが、人体としての爆乳らしさを追求すると、生々しくなりすぎて、我々が求めているイメージとは合致しないことがわかりました。そこで我々発明部は『人体としてのリアリティーを超えて理想の形を追い求めるべきだ』と考え、改めて目指すべきイメージを熟考し、次にあげるビジョンを掲げました。
爆乳のふくらみは生命とエネルギーを感じさせるよう魅力的であるべし!
爆乳の谷間はうちに秘めた想いと能力を予感させるよう魔力的であるべし!」

そう、これは「おっぱい」ではない。「爆乳」なのだ。
おっぱい賛歌は勇気の賛歌でなければいけない。だからこそ、ヘッドマウント・パイプレイは「爆乳」というイデアを追求。このフォルムが生まれたのだ。

ではどのように使うのか。



ヘッドマウント・パイプレイはウェアラブル・デパイス。目の前に装着し、操縦するデパイスだ。
思えばゲームの歴史は、臨場感の歴史であった。
関連キーワード

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

注目の商品