今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

携帯はボタンを押して書くだけだからゲーム感覚で楽しいですん〈はるかぜちゃん(ω)インタビュー前編〉

2011年9月26日 11時00分

インタビュー当日、ExciteJapanさんも交えてはるかぜちゃん大歓迎会が行われました

春名風花(はるな・ふうか)
2001年2月4日生。神奈川県横浜市出身。子役、タレント。スマイルモンキー所属。1歳から子役として活動する。3歳のとき、祖母の家にあった『ガラスの仮面』を読み、演技の仕事に興味を持つ。映画「涙そうそう」「カムイ外伝」、テレビドラマ「熱中時代」、バラエティ「ピラメキーノ」などに出演。3歳からブログをはじめ、9歳でツイッターを開始。2011年3月、東京都の青少年育成条例問題に言及し注目を浴びる。「都条例ぷんすか(ω)」のコメントと共に話題になった。天下一品のこってりが大好きで、携帯電話のストラップにもつけているほど。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

1歳から子役として活動を開始し「ピラメキーノ」などに出演中の春名風花、10歳。
彼女はもうひとつ顔を持っている、それがツイッターでのはるかぜちゃんだ。
今年3月、東京都の青少年育成条例問題に「都条例ぷんすか(ω)」とコメントしたことで有名に。詳しくはトゥギャッターをみてほしい。
8月25日にツイートをまとめた『はるかぜちゃんのしっぽ(ω)』を出版。学校のこと、ネットのこと、仕事のこと、3歳で『ガラスの仮面』読んで女優を目指すって!(レビューはコチラ)。

はるかぜちゃんのままと太田出版編集担当の七井さんも同席してのインタビュー、さあて、いったいどうなる!?


気軽に書けるので嬉しい

――えーと、いまは小学……。
春名 はい、2001年生まれの5年生です! あ、お茶いただいてもいいですか?
――あ、どうぞどうぞ。
春名 ありがとうございます。これ、おみやげのシュークリームなんですけど、よろしかったら。
――わ、ありがとう。僕はいま24歳で、ライターをはじめて2年くらいなんだけど、10歳のインタビューってはじめてだなあ。
春名 そうなんですか!
――取材でたくさんのライターに会っていると思うんだけど。
春名 取材してくれる人のことですか?
――うん、どんな印象?
春名 ぼくは知らなかったんですけど、取材しながら記事を書く人だってままに教えてもらいました。でも、あまりよくわからない……。
――(たまたまもっていたアプリの雑誌を取り出して)たとえばこれだと、お店とかゲームの紹介を書いたり、こういう記事を一晩でぜんぶ書いたりする。
春名 へえー、大変そうです。
――はるかぜちゃんも文章を書くのは好きだよね。ツイッターも毎日書き込んで、多いときは100ツイート超えるときもあるし。
春名 書くというよりはひとり言なんです。実際に字を書くのは苦手です……。
――3歳のときから携帯でブログをやっていたんだよね。ツイッターとどっちが楽しい?
春名 ブログだと一方通行で、一日の日記がミッションみたいな感じがして。
――人と話ができるツイッターのほうがいい?
春名 「グルグルグルグル(ω)グルコサミン」とかでも気軽に書けるので嬉しいです。ブログだとなにこれって思われることでも、ツイッターだったらひとり言なので普通なのです。


ほんのり気分が増すんです

――『はるかぜちゃんのしっぽ(ω)』はいままでのツイートを編集してエッセイ風にしてあるんだよね。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品