今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

甘酒は夏の飲み物だった。土用の丑の日、鰻より夏バテに効きます

2013年7月22日 11時00分 ライター情報:杉村啓
今日は土用の丑の日(2013年は7月22日と8月3日)ですね。土用の丑の日と言えば、やっぱり「鰻を食べる日」でしょう。専門店だけではなく、スーパーやコンビニ、そして牛丼屋にと鰻が並びます。夏バテの防止には栄養豊富な鰻がいいということで、夏には欠かせないものとなっていますよね。

そんな鰻ですが、幼魚であるシラスウナギが不漁だったり、そもそもニホンウナギが絶滅しそうで絶滅危惧種になりそうというニュースが出ています。そうなるとちょっと食べるのに躊躇しちゃうのが人情というもの。じゃあいったい、何を食べて夏バテに対処すればいいのでしょうか。

そんな人にお勧めなのが「甘酒」です。えっ? この暑い中に甘酒を飲むの? そもそも冬に飲むものじゃないの? と思った人もいるでしょう。実は江戸時代の昔には、甘酒は夏の飲み物だったのです。

夏になると町中には「甘酒〜え、甘酒〜え」と声を張り上げる甘酒売りがやってきました。そして、冷たい甘酒を飲み水として、そして何より疲労回復のための栄養源として江戸の人は飲んでいたのです。このことから、甘酒は俳句でいうと「夏の季語」となっています。甘酒売りがやってくると、夏がきたと感じる風物詩だったのですね。

甘酒にはどんな効用があるのか。まず、ブドウ糖が豊富です。これは飲んですぐにエネルギーに変わります。さらにはビタミンB1、B2、B6と言ったビタミンB群や、必須アミノ酸が豊富に含まれています。こういった成分が現在の点滴の成分と近いということから、甘酒は「飲む点滴」と言われている、栄養ドリンクなのです。前述の鰻と比べても、ビタミンAとかが無いだけでしょうか。栄養価では決して見劣りしません。いかにも夏バテに効きそうですよね。

もちろん美容にだっていいのです。保湿効果があるビタミンB2やB6が豊富ですし、脂質の代謝を促進してくれます。抗酸化作用から美白作用、さらには抜け毛にも効果的! これはもう鰻の代わりと言わずに、普段から飲んでもいいのではないでしょうか。

現在手に入る甘酒は、大きく分けると2種類あります。ひとつは「米と米麹でつくったもの」です。米の中に含まれているでんぷんを麹の力で分解=糖化をしたものになります。こちらにはアルコールは含まれていません。日本酒はここに酵母を加えて、糖をアルコールに分解するので、いわば日本酒を造る前段階とも言うものです。

もうひとつは、「酒粕からつくる」甘酒です。
関連キーワード

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品