今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

Xperia Z3 CompactとiPhone 6、どっちがどう優秀か。使い倒して比べてみた

2014年11月21日 19時00分
スマホのアラームで目を覚まし、今日のスケジュールをチェックし、電車の時刻表を調べ……というスマホは「肌身離さず使う」の域を超えて「肌そのもの」になるガジェット。操作に慣れるまでに苦労しますが、慣れてしまえば手足と同じ。機種変のときも同じ感覚で使える後継機でいいか……というノリで、筆者も「iPhoneからiPhone」へ乗り換えてきたクチだったりします。

しかし、Androidスマホ、特に日本のメーカーは「新しいもの好き」「多機能重視」といった人々の期待に沿うべく駆け足で改良を重ねていて、ふと新機種を手に取ると、見違える変貌にグラっと来てしまう。中でも、この秋に日本でも登場したソニーのXperia Z3 Compactは画面サイズ(4.6インチ)もiPhone 6に対して、強烈なライバル意識がうかがえるスマホでしょう。

スマホ選びは「触ってみること」が基本です。iPhone 6で決まりかな……と実際に手にしてみれば「さすが」もあり「あれ?」もあり。Xperia Z3 Compactも何日か使ってみることで良い点や気になる点が見つかりました。iPhone 6とくらべて、Xperia Z3 Compactってどうなんだろう? 実際に2つを触ったユーザーとして、様々な角度から検討してみました。

Xperia Z3 Compactは手にすっぽりと収まるサイズ


画面サイズも重さもドンピシャに同じで、双子のようなXperia Z3 CompactとiPhone 6。しかし、実機を手にすると別ものの印象です。前製品のiPhone 5Sから液晶が4→4.6となったiPhone 6は、本体のサイズも比例するように大型に。Safariやメールなどのアプリは長年の付き合いで感覚が体に染み付いてるだけに、片手持ちすると親指が右上に届きづらい?的な違和感も少しあり。


Xperia Z3 CompactはiPhone 4を思わせる本体サイズのまま、液晶がiPhone 4の3.5型から4.6型に広がった感じです。片手持ちして親指だけで画面の隅々までカバーでき、スッポ抜けないグリップ感もあります。

「手にしっくり」という物差しにすると、Xperia Z3 Compactが一歩リードかもしれません。底面もフラットで、両横はソフトな感触の樹脂製。手の小さい女性にとっても、安心のサイズです。

見た目の面で言うと、デザインに定評のあるiPhone 6、丸みを帯び洗練されたフォルムはさすが。
関連キーワード
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品