今注目のアプリ、書籍をレビュー

Fire TV stickは買いなのか。超ていねいに検証してみた

2015年11月3日 09時50分

ライター情報:杉村啓

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月28日にAmazonでFire TV StickおよびFire TVが発売された。テレビと接続してAmazonビデオなどを楽しむ機器である。
Amazon Fire TV Stick
HDMI端子に接続する本体と、リモコン。リモコンは単四電池2本で動作する

Fire TVシリーズは全部で3種類。Fire TV Stickと、Fire TV Stickの音声対応リモコン付き、そしてFire TV。Fire TVのみ4K配信や有線LAN、micro SDカードに対応している。

今回購入したのはFire TV Stickの音声リモコンなしの一番安いタイプ。発表時に配られていたAmazonプライム会員優待クーポンで3000円引きになったので、4980円のところを1980円で購入した。

HDMI端子に接続して使う


Fire TV StickはテレビのHDMI端子に接続して使う。まず注意しなければならないのは、電源。MicroUSBで電源を供給するのだが、本体の横についている。この部分が意外と固いというか、ケーブルが想像以上に邪魔になるため、他のHDMIケーブルと干渉しやすい。うまく接続できないときは、付属のHDMI延長ケーブルを使おう。
電源ケーブルは本体の横に接続するため、意外と他のケーブルや機器に干渉しやすいので設置場所に注意が必要

本体にはHDMI延長ケーブルや電源用のACアダプタが付属している

電源に使うMicroUSBケーブルおよびアダプタは、本体付属のものでないと「サポートされてないUSBポート」というエラーが出てしまうので、注意が必要だ。

HDMI端子に接続し、電源がつながっていればすぐに使うことができる。初期設定としてAmazonアカウントの登録、画面の調整、無線LAN設定を行えば、好きな動画をすぐに再生できる。このうちAmazonアカウントは購入時のアカウントが最初から設定されていた。この辺はKindleでも感じたが、入力の手間が省けてすばらしい。

注目のASAP機能


Fire TV Stick独自の機能として注目されているのが、ASAP機能。Advanced Streaming and Predicitionの略で、過去の視聴履歴から事前に再生の準備をすることで、ボタンを押してから待ち時間がほとんど無しで再生されるというもの。

実際に使ってみると、まだ使い始めなので、それほどすごいとは感じていない。動画を見ると、その動画に関連した動画がホーム画面に表示されるようになる。ここが充実していくと、真価を発揮するのかもしれない。
「ゆるゆり♪♪」を見ると、画面には「"ゆるゆり♪♪"関連のおすすめ」が表示される。ここが充実していくと、ASAP機能が真価を発揮するのかもしれない

他にも、全体的に待ち時間を軽減しようとする仕組みがあった。例えば一部の動画では、最初のうちは即座に低解像度で再生され、しばらく経つと自動的に高解像度になるという具合だ。
関連キーワード

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

注目の商品