今注目のアプリ、書籍をレビュー

プリキュアの可愛さの秘訣はお肌ぴちぴちレイヤー! 東映CGセミナーレポ

2010年8月10日 11時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

10月30日(土)ロードショー。キュアムーンライトの活躍が楽しみ! (C)2010映画ハートキャッチプリキュア!製作委員会

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

俺は会場で泣いていた。
元気に動いているプリキュアを見ているだけで俺は幸せなんだな。

2010年6月、東映撮影所に「東映デジタルセンター」という、映像制作の部署が設立。
それを記念して、8月4日~6日の3日間に渡り「東映デジタルセンターOPEN記念セミナー」が開催された。
5日のセミナー内容が「映画プリキュアオールスターズDX2 エンディングCGメイキング」だというのだから、これは観に行かないわけには行かない。

会場に着いてみると、映画館のようなシアタールームに通される。この大画面でプリキュアの講義を受けられるのか!

所長の葛西歩さんの挨拶からセミナーはスタート。
まずはこちらを見てくださいと、いきなり「DX2」エンディングのコンプリートバージョンが流れる。

「DX2」のエンディングはモーションキャプチャーを利用していて、フルCGで17人のプリキュアたちが踊る。
使われている曲が、それぞれのシリーズの主題歌をアレンジしたメドレーになっていて、過去シリーズを見ている人なら感動すること間違いなしな出来になっている。

つまり、今までのプリキュアをすべて詰め込んだ集大成なのだ。
「ふたりはプリキュア」から7年間、ずっと見続けてきてよかった。本当にそう思う。

コンプリートバージョンはDVD//BDの特典映像として収録されており、映画のエンディングで使われているものより数分ほど長くなっている。もちろん劇場で流されたことは一度もない。
それがいきなり大スクリーンで流されたのだ。心の準備がまだ出来てない!

エンディングディレクターの宮原直樹さん、CGディレクターの中沢大樹さん、CGプロデューサーの今村幸也さんの紹介が入り、本格的な講義が始まる。
これからエンディングのメイキングについて直に聞けるのだ。
しかも無料!

1時間という濃い内容のなかから、とくに重要だと思われる部分を箇条書きで説明する。

・「DX2」エンディングの作品テーマとして、「ふたりはプリキュア」から「Yes!プリキュア5GoGo!」までプロデューサーを務めた鷲尾天さんは「ワクワクするステージを最前列で!」と提案したそうだ。(以前「DXシリーズ」の監督、大塚隆史さんにインタビューに行ったときに、エンディングをダンスにしようといったのは鷲尾さんだと言っていた)。踊っているプリキュアを見るだけで、子供たちはワクワクするだろう。大人だって楽しいのだ。

・スタッフ側のテーマは「フレッシュプリキュア!」でやり残したことに挑戦するというもの。

注目の商品