今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

主人公の茉莉香が万能じゃないってところが肝〈「モーレツ宇宙海賊」佐藤竜雄監督インタビュー後編〉

2012年2月8日 11時00分 ライター情報:丸本大輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在放送中の「輪廻のラグランジェ」の総監督も務めている佐藤監督。3月31日から開催される「アニメコンテンツエキスポ2012」では、「輪廻のラグランジェ」との合同ステージイベントにも出演予定。詳細は「モーレツ宇宙海賊」公式サイトの「NEWS」ページで。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

「さあ、海賊の時間だ!」
主人公・加藤茉莉香が宇宙海賊になることを決意し、ようやく、女子高生と宇宙海賊の兼業生活がスタート。今後の展開がさらに楽しみな、痛快スペースオペラ「モーレツ宇宙海賊」。佐藤竜雄監督へのインタビュー後編では、茉莉香をはじめとしたメインキャラクターやキャストについて。さらに、6話以降の見どころも伺いました。特別に、6話の先行カットもお見せします!
前編はこちら

――茉莉香は、ビジュアルだけじゃなく、声や芝居からも独特の格好良さを感じます。CVの小松未可子さんは、オーディションで決まったそうですが。声優としては新人の小松さんのどういった点に、茉莉香らしさを感じたのでしょうか?
佐藤 真っ直ぐさ、ですね。これは声質の問題だけではなく、今のこの時期にしか出せない声というところで。僕が、わりと新人の子をヒロインにするのはどうしてかというと、芝居の上手い子はいくらでもいるんだけど、今しかできない芝居ってものが、欲しい時があるんです。
――「今しかできない芝居」とは、具体的にどういったものなのでしょうか?
佐藤 小松さんは、声優を初めて日が浅くキャリアもない分、目の前のことを一生懸命やている感じが、そのまま声に出てる。これから上手くなっていくと、そうしたものが無くなっていくのかもしれない。だからこそ、今その瞬間を切り取って、フィルムに固定したいなと。そうした映像と声のコラボを経て、この子(茉莉香)が見る宇宙はどういう世界なのか、この子が宇宙をどう進んで行くのか……。見ている人が、興味を持ってくれれば良いなと思ってます。
――茉莉香を見ていると、決断力や気っ風の良さが本当に魅力的で。僕は高校一年生の茉莉香より20歳も年上ですが、「この子の下なら、働いても良いな」と思えます(笑)。
佐藤 そうですか(笑)。「決断は自分のベスト。それを信じて!!」と、セリフでも言わせていますが、いつもベストの状態を選択していく子なんです。しかも、その決断を修正するのにも躊躇がない。
――周りには自分よりも優秀な人がいるし、自分が何でもできるとは思ってない。でも、自分が決断しなきゃいけないのなら、しっかり決める。そういう格好良さを感じます。
佐藤 主人公の茉莉香が万能じゃないってところが、今回の肝で。何もできませんからね(笑)。死んだ船長の娘だから海賊になれるって展開に、「海賊船の船長って血筋でなれるのかよ」と反発を感じた方もいると思うんですね。

ライター情報

丸本大輔

1974年生まれ。フリーライター。瀬戸内海で生まれ育ち、現在は東京の西側在住。インタビューを中心に活動。得意ジャンルは、アニメ、マンガ、サッカーなど。

URL:Twitter:@maru_working

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品