今注目のアプリ、書籍をレビュー

今夜金曜ロードSHOW「ヱヴァンゲリヲン:序」シンジくんが聴いていたカセットテープの謎

2012年11月9日 11時00分

ライター情報:たまごまご

このエントリーをはてなブックマークに追加

今晩放映『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』。旧TV版のリメイクから始まって、徐々に物語がずれていくのが最大の見所。次週の『破』とあわせてみて、劇場で『Q』を見よう! ところでシンジ君がずっと聞いていたあのウォークマン、一体どんなものなの?

[拡大写真]

ねえねえ、エヴァだったら、レイ派? アスカ派? マリ派? ミサトさん派?
ぼくはねぇ、アスカ派!
17年越しの恋をしています。届きません。

11月17日から上映される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』にあわせて、今週と来週『金曜ロードSHOW!』では『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が放映されます。
タイトルは、雅楽や能や剣術などで使われる「序破急」からのもの。でもここで終わらず2013年に『?』が公開されるのがエヴァ流。
謎かけてきますねえ。

今晩放送される『序』は、1995年放送のテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のヤシマ作戦までを、アレンジしながらリメイクした作品。
最序盤こそテレビと似ていますが、どんどん話は変わっていき、クライマックスのラミエル戦では全く別のものになっています。
ラミエルはTV版では第5使徒。新劇場版では第6使徒です。
アスカは出て来ません。

新劇場版のシンジ君の最大の特徴は、前向きで、困難に挑む少年になったこと。
いやそりゃTV版の時から、ありえないような条件を提示されて死の危険と隣合わせで戦うとか、おっかねーんですよ。そりゃ逃げるよ。
けれども、劇場版ではさらに過酷に彼が向かい合っている状態をリアルに描写し、それでもなお顔をあげるようになったシンジが描かれます。特に『序』では、「逃げてイイ、はやく逃げて!」と思うくらいまで追い詰めてきます。
旧TV版を見ていたファンからは「あれはシンジくんじゃなくて『シンジさん』だ」と、劇場公開時にネットで言われていたものです。

そんなシンジくんでも、『序』の最初ではまだ心を閉ざしたまま。
その象徴として描かれるのが彼の聞いているカセットテープです。

で、今日の放送で是非見て欲しいのですが、彼何を聞いているかというと、S-DATなんですよ。
「Super Digital Audio Tape」。これ自体は架空のものなんですが、元になっているのはデジタルオーディオテープ、通称DATです。
プレイヤーは、ソニーの「WMD-DT1」がモデルだと思われます。
WMD-DT1 DAT Walkman
まあ、ぶっちゃけ今は家庭用のDATは生産中止されていて、ほぼないです。
当時でもDATを普段から聞いていた中学生、なんてほとんどいなかったはず。
面白いのは、TV版では25・26トラック目を繰り返し何度もリピートし続けているということ。
これは『序』でも同じなんですが、来週放映される『破』でマリと出会うことで、まさかの27トラック目へと解放。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

注目の商品