今注目のアプリ、書籍をレビュー

野太い声が大歓喜「プリキュアオールナイト」で500人がうおおおお!レポ

2013年4月8日 11時00分

ライター情報:アライユキコ

このエントリーをはてなブックマークに追加

歴代プリキュア声優大集合のサプライズ!
(上)
左から/
本名陽子、三瓶由布子、水沢史絵、福圓美里
(中)右二人/
生天目仁美、小清水亜美
(下)右二人/
小松由佳、樹元オリエ

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「真っ赤なハートは幸せの証!(パン!)熟れたてフレッシュ、キュアパッション!」

小松由佳(「フレッシュプリキュア!」キュアパッション役)の口上の間隙をついて、客席から軽い手拍子が入る。待ち構えてたというより、思わずからだが動いたって感じの「パン!」。「フレッシュプリキュア!」おなじみの変身ポーズだ。
女児向けアニメの「プリキュア」シリーズには、たくさんの大人のファンがいる。

「ふだん、劇場のはじっこのほうでそっと観てたみなさん、きょうはなにも遠慮することはないんですよ(笑)。思いっきりライトを振って、大声で応援してください!」

水沢史絵(「ハートキャッチプリキュア!」キュアマリン役)の呼びかけに応えて、客席に「うおおおお」とも「うひゃああ」ともつかない野太い歓声の渦(というか地鳴り)が巻き起こる。きょうは、テレビの前でひとりで送っていた声援を拍手を愛を、同志といっしょに思いっきり表現できる日。3月18日に公開された「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」の大ヒットを記念して、二年ぶり三回目の開催となったプリキュアオールナイト(前回のレポはこちら)。4月6日(金)の夜の9時から始発が動き出す翌朝まで、プリキュアづくしのカーニバルだ。新宿バルト9の会場を埋めつくした500人近いチケットは、今回も即日完売。

「みなさん、ミラクルライトはお持ちですか?(「うおおおー」と同時に客席に揺れるライトの波。それを見渡して)あれ? 子どもしかもらえないはずなのに!(会場笑)。おかしいぞー」

と、更に盛り上げる小松。そうなのだ。プリキュア映画といえばミラクルライト。ピンチに陥ったプリキュアたちを応援するためのミニライトが毎回映画のたびにつくられ、中学生以下の子どもにだけ配られる。それがきょうは、大きな子どもたちにも配られた。上映作品は5本、「映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花」「映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪」「映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!」「映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち」「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」。(書いてて気づいたけど、この日の上映作品すべての製作者インタビューをエキレビ!に掲載している〈下の関連リンク参照〉。

ライター情報

アライユキコ

フリー編集者。『文学賞メッタ斬り!』(パルコ出版)『ふいんき語り』シリーズ(ポプラ社など)など。「エキレビ!」編集長。お酒とお笑い、演劇大好き。

URL:Twitter:@kaerubungei

注目の商品