今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「おジャ魔女どれみ」が高校生になってた、しかもドラマCDで帰ってくるだと?記者会見

2013年4月15日 11時00分 ライター情報:青柳美帆子

馬越嘉彦による『おジャ魔女どれみ17』限定版表1イラスト
(C)東映アニメーション

講談社ラノベ文庫『おジャ魔女どれみ16』特設ページにて、
限定版『おジャ魔女どれみ17』予約受付中!!
さらにWeb限定!ドラマCDキャスト フリートーク公開中!!
http://www.doremi16.com/

発売日:2013年7月2日(火)
予約締切:2013年5月20日(月)

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「プリティー、ウィッチー、どれみっちー!」
魔女見習い、バージョンじゅうろく!
どれみたちが、ドラマCDで帰ってきますぞー!

1999年から2003年まで放送されていた魔法少女アニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズ。「世界一不幸な美少女」小学校3年生の春風どれみが、魔女マジョリカの正体を見破ってしまったことから「魔女見習い」になることに。魔女見習いとして成長していくお話と、クラスメイトひとりひとりに起こる事件をていねいに描いている、まさに子供から大人まで楽しめるアニメだった。
放送が始まったとき、私はどれみたちと同い年だった。当時は超優等生だったので「私はどれみよりもはづきみたいな女の子だな〜」などと(はづきファンに怒られそうなことを)考えていた。

放送終了から8年後(OVAを入れると6年後)の2011年。講談社ラノベ文庫で『おジャ魔女どれみ16』シリーズが始まった。タイトル通り、16歳、ぴっちぴちの高校一年生になったどれみたちのお話だ。
第4期『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』の終盤、どれみたちは魔女にならないことを選び、それぞれ違う道に進んでいった。そして3年後、同級会で再会したどれみ・はづき・あいこの3人は、ある事件をきっかけにふたたび魔女見習いとなる。高校生になってすこし複雑になった人間関係や環境を、おなじみのパワーで乗り切っていく。
『どれみ16』は現在3巻まで刊行中。7/2に刊行の第4巻『おジャ魔女どれみ17』の限定版にドラマCDがつくことになり、なつかしい面々がアフレコスタジオに集合した!

■16歳のどれみは、すこしお姉さんになった

春風どれみ役の千葉千恵巳、藤原はづき役の秋谷智子、妹尾あいこ役の松岡由貴、瀬川おんぷ役の宍戸留美、飛鳥ももこ役の宮原永海。うわー、MAHO堂だー!
「16歳になったキャラ」について聞かれて、千葉が話し出す。

千葉 16歳になったからって、声がガラッと変わるわけじゃない。演じる上では、出たとこ勝負? どれみは前よりも落ち着いて周りを見れているかなー。前は「思いついたらすぐ!」の、跳んでくボールみたいだったけど、今は台詞まわしが一呼吸置いてからだったり、3年ですこしお姉さんになったかも。はづきちゃんは?
秋谷 そうですねー、そこまで声が変わってるってイメージはなかったので、私も出たとこ勝負かなあ(笑)でもはづきちゃんは前よりもしっかりしているので、その感じは出したいなと。はい(ちらっと松岡を見る)。
松岡 あいこですっ! すごく自分に近いキャラクターだったので、わざわざ「この子はどうなっているんだろう?」って考えなくても出てきました。

ライター情報

青柳美帆子

フリーライター。1990年(平成2年)生まれ。オタクカルチャー・イベントレポ・明るいエロス・少女革命ウテナなどを中心に執筆しています。

URL:青柳美帆子のまとめ

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品