今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

今夜金曜ロードSHOW「風の谷のナウシカ」宮崎駿スケベ説を鈴木敏夫Pが今ごろ言い出す

2013年12月27日 11時00分 ライター情報:米光一成

『KAMINOGEvol.25』ジブリの“過激な仕掛け人” 鈴木敏夫with川上量生インタビュー掲載号。

[拡大写真]

宮崎駿監督はスケベか?
どうも「宮崎駿監督はロリコンだ」「宮崎駿監督はスケベだ」という発言をときどき見かけるのだ。
なぜだろう。
「違う。そんなことないよ!」
ピュアなファンとしては、憤慨しながら、そう答えたい。

だが、しかし!
スタジオジブリ代表取締役の鈴木敏夫プロデューサーが、この疑問を肯定するようなことを喋っているのだ。
インタビューが掲載されたのは、『KAMINOGE[かみのげ]vol.25』
プロレス雑誌だが、これまでも、井上雄彦(vol.24)、宮藤官九郎(vol.20)、甲本ヒロト(vol.14)など多彩な人が登場しており、“ボクらは「とにかく強い人に会いに行って、圧倒されて腹を見せて帰る」ということを商いでやっている”というコンセプトの雑誌だ。

“鈴木 ああ、やっぱり男だから女性が好きなのは当たり前で、そういうことを言うとボクは宮さん(宮崎駿)の作る映画を観てきて常々思ってきましたよね、「この人はホントに女性が好きなんだ」っていうのは。”
この発言を皮切りに、いかに宮崎駿作品がスケベかを力説
『風立ちぬ』は“ホントにスケベな映画”と断言。
さらに“でも一貫してそうなんですよ。例えば『天空の城ラピュタ』でね、ラピュタの近くまで行って、シータとパズーが狭いところで2人で顔を覗くシーンがあるじゃないですか? なんてあそこ、あんなに狭いのかって(笑)。それは「くっつけよう」っていうだけでしょ”
『千と千尋の神隠し』の冒頭の両親が豚になって、千尋が街をウロウロするのをカメラが俯瞰で追いかけるシーンを、“あれってなんですか?”と問いかけ「ストーキング的な視点ですか?」という応答を受けて、“江戸川乱歩でしょう! ボクは「こんなものを世に出していいんだろうか」って思った。だって公序良俗という観点からいったら「いかがなものだろうな」って思いましたよ。あの目線ってそれでしょ。簡単に言うと、いたいけな娘を閉じ込めておいて、それをみんなでいびって上からカメラで撮ってるってことでしょ?”
『千と千尋の神隠し』は、監督本人が“「今の世界として描くには何がいちばんふさわしいかと言えば、それは風俗産業だと思うんですよ。日本はすべて風俗産業みたいな社会になってるじゃないですか」”とも発言していて、“娼館を舞台にした物語”と解釈もできる(→今夜金曜ロードSHOW「千と千尋の神隠し」7つの謎、舞台はほんとに風俗産業!?)。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品