朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第22週「2001-2003」

第106回〈3月31日(木)放送 作:藤本有紀、演出:深川貴志〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第106回 虚無蔵、錠一郎、勇…いよいよ打順がまわってくる人たち
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第107回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


いよいよ打順がまわってくる人たち

第105回ひなた(川栄李奈)五十嵐(本郷奏多)の別れを現す言葉は虚無蔵(松重豊)の「解せぬ」がふさわしかった。作者は何もかも織り込み済みで、虚無蔵に別の場面で「解せぬ」と言わせたのではないだろうか。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜106回掲載中)

物語には解せないことがあったほうが後々まで引きずって印象に残る。筆者はこれを幼少の頃、『若草物語』と『赤毛のアン』と『キャンディキャンディ』で学んだ。『若草物語』はあんなに仲良かったジョーとローリーが結ばれないこと、『赤毛のアン』はあんなに聡明だったダイアナが田舎のおばさんに収まってしまうこと、『キャンディ』はキャンディとテリィが結ばれないこと。この展開が納得いかず、いろいろ考えた末、人生とはままならないことを筆者は学んだ。

幼少時に『カムカム』のひなたと五十嵐を見た人もきっとそんな学びを得るに違いない。でもそれは10年前の別れエピソードで十分だったけれど。などとグチグチ思っている間にドラマは進み、SG時代劇『サムライベースボール』の製作がちゃくちゃくと進んでいる。モモケン(尾上菊之助)すみれ(安達祐実)も出演、そして虚無蔵も。

映画の内容は王道ではなく怪しい路線な気がするが(主題歌みたいなのもあった)、記者会見でフラッシュが焚かれているとき(ちなみに、榊原<平埜生成>が殊勝な顔で太鼓を叩いている姿が印象に残った)

モモケンが「まぶしいでしょう、暗闇にいたんじゃ見えないものがあるんですよ」と虚無蔵にささやく。それを見ながら轟監督(土平ドンペイ)は大泣きしている。畑野(三谷昌登)ももらい泣き。

轟役の土平さんは、すみれが『破天荒将軍』に出たとき、黍之丞シリーズの伝説回を思い出す場面でおセンチな芝居をし過ぎて、そこまでしなくていいと演出の橋爪紳一朗さんに止められたと筆者のインタビューで語っていたが、今回は思う存分、おセンチ(?)な芝居ができたのではないだろうか。ここを生かすためにも前回は抑えめで良かったのかもしれない。そんなふうに思うと、105回の解せなさも今後のカタルシスのために必要なのだろう。

人生は、いや、物語には順番というものがあって、登場人物にはいつか見せ場という名の打順が回ってくるものだ。雉真が、コスチュームの足袋をつくることになって、勇(目黒祐樹)は「いよいよ打順がまわってきたぞ」とむせび泣く。おじさんたちは涙もろい。

勇の「足袋は雉真の一番バッターじゃからのう」という台詞は『カムカム』のなかで名セリフのひとつ。「このような形でひ孫の役に立つとは」「作り続けてよかった。守り続けてよかった」と喜びに浸る勇。虚無蔵も勇もいつ来るかもわからない打順に備えて鍛錬を続けていたのだ。陽の目の当たらない、冴えない人生を送ってきた人たちがなんだかんだで報われる物語なのである。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第106回 虚無蔵、錠一郎、勇…いよいよ打順がまわってくる人たち」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第106回 虚無蔵、錠一郎、勇…いよいよ打順がまわってくる人たち」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第106回 虚無蔵、錠一郎、勇…いよいよ打順がまわってくる人たち」の画像3