朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第22週「2001-2003」

第104回〈3月29日(火)放送 作:藤本有紀、演出:深川貴志〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第104回 五十嵐と共にいた過去に心揺らすひなた、もうじき36歳
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第105回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


結婚も出産もしないヒロイン

「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉があるが、朝ドラは世につれ世は歌につれ。アカデミー賞の作品賞はその時代の世相が表れている。歴代の朝ドラを見ても時代がわかる。

朝ドラ『オードリー』(2000年度後期)は最終回までヒロインが結婚も出産もしなかった。そんなヒロインにひなた(川栄李奈)は自分の人生を重ねる。『オードリー』の最終回は2001年3月31日で、ひなたは4月4日に36歳になろうとしていた。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜104回掲載中)

自分のこれからを迷っていると、目の前に過去(五十嵐 / 本郷奏多)が現れ、心揺らすひなた。一緒に道場の雑巾がけをしながら(このとき風鈴が鳴るのがエモい)、10年前のまだ何者でもなかったがキラキラしていた頃に戻りたい気持ちになる。

家で英語の練習をしながら、ダブルカセットの巻き戻しボタンと早送りボタンとで指をうろうろさせるひなた。行くか戻るか迷うように。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第104回 五十嵐と共にいた過去に心揺らすひなた、もうじき36歳
写真提供/NHK

そんな彼女に「後悔のない道を選びなさい」と助言するのはアニー・ヒラカワ(森山良子)。彼女もまた過去を巻き戻そうとしているように見える。

ホテルでひとり、ラジオの英語講座を聞いていると、その声はいつの間にか平川唯一(さだまさし)になっている。アメリカで生まれ育った日系アメリカ人である彼女の脳裏に平川唯一の英語講座が浮かぶということはどういうことか。彼女の名前が「ヒラカワ」であることと関係あるのか。

現実では平川唯一の娘がアメリカで仕事をしていた。だからアニーは平川唯一の関係者という可能性もある。だが、ひなたは、母・るい(深津絵里)にも話せなかった五十嵐と再会したことをアニーにだけは話せた状況は、血が繋がっているから? ……などと軽い考察を楽しめる。でもアニーは「ひなた」という名前をラブリーネームと褒めるが、「サニーサイド」と反応することはない。

アニーと虚無蔵

アニーたちが帰国する日、ひなたは回転焼きを差し入れに持ってくる。普通に考えるとまず最初に差し入れそうだが、物語の進行上、この時期になるのだろう。これをアニーが食べて……となるか。

それより無理を感じるのは、アニーが念願の虚無蔵(松重豊)に偶然会うこと。それまでずっと彼をキャスティングしたいと連絡していたが、虚無像に無視され続けていた。でも彼が撮影所の所属であれば会社の俳優担当に連絡すれば済むことだ。それとも虚無像はフリーなのだろうか。フリーにしてもこれだけ撮影所に頻繁に出入りしていたら会えるだろう。アニーももっと早くからひなたなり誰かなりに虚無蔵に会いたいと相談したらいいわけで。

だがもはやこのあたりをしっかり辻褄合わせて書く余裕はもうないのだろう。それよりもアニーがホテルから電話をしきりにかけていた相手は誰か?という興味も連ドラとしては残しておきたかったのだろう。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第104回 五十嵐と共にいた過去に心揺らすひなた、もうじき36歳」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第104回 五十嵐と共にいた過去に心揺らすひなた、もうじき36歳」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第104回 五十嵐と共にいた過去に心揺らすひなた、もうじき36歳」の画像3