朝ドラ『カムカムエヴリバディ』最終週「2003-2025」

第110回〈4月6日(水)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』岡山の街を疾走するアニーが記憶のトンネルを抜けるように安子に戻っていく
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第111回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


マスク姿の虚無蔵が名言

最終週は2022年と2003年を行ったり来たり。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜110回掲載中)

2022年、映画村を歩くマスク姿のひなた(川栄李奈)。マスクの虚無蔵(松重豊)が現れて、「そなたが鍛錬し培い、身につけたものはそなたのもの。一生の宝となるもの。されどその宝は分かち与えるほどに輝きが増すものと心得よ」と名言を語り去っていく。

『サムライベース・ボール』でハリウッドデビューしたあとも変わることなくマイペースで生きているらしい虚無蔵。俳優として活躍しながら後身の指導にも当たっているようだ。「矍鑠(かくしゃく)」としたという言葉がぴったり。

2003年、クリスマス・ジャズ・フェスティバルの客席でおはぎを食べる和子(濱田マリ)健一(世良公則)お気に入りの店のもので、フェスの協賛もしてくれているという。その店は「たちばな」。安子の生家の店と同じ名前である奇縁。

『カムカム』の音楽担当の金子隆博がフェス参加者としてピアノを弾いてる。音楽担当の人物が劇中に登場するのは『あまちゃん』での大友良英の出演を思い出す。金子はサックス奏者だったが、あるとき吹けなくなる病に罹(かか)りピアノに転身したそうで、錠一郎(オダギリジョー)と重なる。

アニー、走る

そしていよいよ錠一郎とトミー(早乙女太一)の演奏。彼らが奏でる軽快な曲は、若き日のふたりのセッションで演奏したもので、『妖術七変化』の映像とカットバックしたところがとてもおもしろかった。今回は、アニー(森山良子)とひなたの追走劇とカットバック。ついでに、一子(市川実日子)のお茶を点てるシーンも挿入された。

一子はるいに「意味があるかないかわからんことをやる。誰かのことを思うてやる。それだけでいいんとちゃう?」と諭す。るいにとっては一子が虚無蔵のようなもの。一子も虚無蔵も「茶道」「武道」と「道」を行く者である。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』岡山の街を疾走するアニーが記憶のトンネルを抜けるように安子に戻っていく
写真提供/NHK

アニー(安子)も「道」を行く。視聴者誰もが唖然となった、アニーの長距離激走。『あさイチ』では博多大吉が「ルパン」に例えるほどの健脚っぷり(アニーの赤いコートとルパンの赤ジャケが重なる)に、ひなたは「鍛え方が違う」と感心する。たしかに戦争体験者の世代の足が違うのは、故・蜷川幸雄主宰の高齢者劇団・ゴールドシアターの俳優たちを見てきた筆者には実感がある。彼らは土踏まずのアーチがしっかりしているのである。いっぱい歩いた証拠だと思う。

いくらなんでもアラフォーのひなたが70代のアニー(安子)に追いつかないのはひなたが運動していなさ過ぎであろう。でもこんなツッコミは無粋である。アニーこと安子は50年ぶりくらいに来た故郷・岡山を走る必要があった。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』岡山の街を疾走するアニーが記憶のトンネルを抜けるように安子に戻っていく」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』岡山の街を疾走するアニーが記憶のトンネルを抜けるように安子に戻っていく」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』岡山の街を疾走するアニーが記憶のトンネルを抜けるように安子に戻っていく」の画像3