朝ドラ『カムカムエヴリバディ』最終週「2003-2025」

最終回〈4月8日(金)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

『カムカムエヴリバディ』金太の味が引き継がれたおはぎに懐かしい顔ぶれ 奇跡と輝きに満ちた最終回
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます


「Let's enjoy kaitenyaki together」

最終回。回転焼きの名前のごとく、ぐるりと回って1925年の安子(上白石萌音)からはじまる物語は、孫のひなた(川栄李奈)が2025年に新しくはじめたラジオの英語講座のテキストだった。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜最終回掲載中)

安子(森山良子)のすすめでアメリカで英語と映画を学んできたひなたは帰国後、彼女の家族3代の物語を英語で書いた。それをやさしい音色で読むのは、ドラマのナレーションをしていた人物(城田優)だった。彼はウィリアム・ローレンス。通称・ビリー。子ひなたが淡い想いを抱きながら、英語で会話することができなかった人物――。

「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」が流れるなか、「Let's enjoy kaitenyaki together」とひなたはあの日、言えなかった言葉をビリーに語りかける。「メリークリスマス・ミスター・ローレンス」(『戦場のクリスマス』より)とは呼びかけなかったけれど。

クリスマスの奇跡がたくさんあった『カムカム』は最後の最後まで「クリスマス」が関係して見える。2025年、桃太郎(青木柚)が継いだ「大月」ではクリスマスのお人形がお尻を振っていた。

申し分なかった安達演出

るい(深津絵里)は少女のとき言えなかった言葉「I love you」を安子(森山良子)に言えた(第111回)。ひなたや安子のように、言えなかった言葉を言うことができる。錠一郎(オダギリジョー)虚無蔵(松重豊)五十嵐(本郷奏多)や桃太郎のように挫折しかかったことが後々叶う。人はもう一度やり直すことができる。それはどんなに時間がかかっても。

時間は一本道ではなく、立体ジャンクションのようになっていて、運命や縁はぐるぐると回って、歩き続ければ一度離れてもまた戻ってくることがある。戦後、金太(甲本雅裕)のおはぎを盗んだ少年は金太の味を引き継いで「たちばな」として和菓子屋となり、まわりまわって運命のクリスマス・ジャズ・フェスティバルに協賛していた。

コワモテの田中(徳井優)と血縁なのかわからないそっくりの人物が一子(市川実和子)の夫であった。きぬ(小野花梨)の孫・花菜(小野二役)は桃太郎と結婚。モモケン(尾上菊之助)が「おゆみ、待たせたな」とすみれ(安達祐実)と結婚(黍之丞を慕っていたおゆみという伏線であった。伏線とはこういうのがベスト)。きぬの孫を「きぬちゃん」、小夜吉を「吉右衛門ちゃん」と見間違えた安子は100歳でも健在。ひなたは60歳独身だが30代のように若々しく、ビリーとの関係にも希望があるように見える。

世界がこんなにも向こう三軒両隣くらいに狭く繋がっていて、こんなにも満ち足りていると、逆に怖くなって第111回まで溢れていた涙が引っ込んだ。ただ、この涙が乾くことこそが肝要なのだ。特別な物語は特別だからこそ終わるという物語のルールを『カムカム』は知っている。台本もそうなっているだろうし、チーフ演出の安達もじりさんのはしゃぎすぎない上品な演出が日常に戻してくれた。安達演出は上品で知性的で、ユーモアもあって申し分なかった。


この記事の画像

「『カムカムエヴリバディ』金太の味が引き継がれたおはぎに懐かしい顔ぶれ 奇跡と輝きに満ちた最終回」の画像1 「『カムカムエヴリバディ』金太の味が引き継がれたおはぎに懐かしい顔ぶれ 奇跡と輝きに満ちた最終回」の画像2