朝ドラ『カムカムエヴリバディ』最終週「2003-2025」

第111回〈4月7日(木)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

『カムカムエヴリバディ』家族が一つになり、3つの道も一つになった今日のタイトルバックに込めた思い
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』最終回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


歴史が変わる

クリスマス・ジャズ・フェスティバルの会場に来たものの、ひなた(川栄李奈)にみつかって逃げ出したアニーこと安子(森山良子)。ひなたは思い出の神社まで来て倒れてしまった祖母を追いかけ、背負って会場につれていく。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜111回掲載中)

その頃、るい(深津絵里)は傷のある額をあげてステージに立って「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」を歌う。ルイ・サッチモ・大月という名前で。

演奏は30年前の錠一郎(オダギリジョー)のトランペットの音源だった。かつてのトランペットの音といまの錠一郎のピアノが出会ったとき、安子とるいも50年ぶりに抱き合う。あの別れの日、土砂降りの雨に打たれ、ずぶ濡れの安子(上白石萌音)の前で扉をぴしゃりと閉めたるい。それが今、扉はついに開かれ、雨上がりの中、母娘の気持ちが通じ合う。

演出を担当した安達もじりさんは、ここを晴れにするかどうか迷ったそうだ。
天気は台本上には書かれていなくて、これどっちやろ、以前どおり雨にするかどうしようとぎりぎりまで悩みました。


映像ではそこまでわからないかもしれませんが、安子の後ろの木を濡らして、雨上がりの設定にしました。ここは晴れてほしいなあと最後は希望を描きました。

扉を閉める画と開ける画、安子編のときにまとめて撮ったのかと思ったら、追加撮影だった。
アメリカに渡ったあと、ロバート(村雨辰剛)と暮らしているシーンと、扉を開けたるいと抱き合うシーンでの上白石萌音さんの登場は台本にあったシーンで、藤本さんの構想によるものです。全編クランクアップの数日前に撮らせてもらいました。

上白石さんは半年ぶりに『カムカム』の現場に入って涙ぐんでおられました。半年も経過してからまた安子になれるか不安がられていましたが、「完璧に安子です」と言ったら安心してくださってました。


撮影には深津さんと川栄さんも来てくださいました。ようやく3人が現場でそろうことができて、これが上白石さんのホントの撮りきり(クランクアップ)の日になったかなという感じがしましたし、ご本人も「帰りたくない」と言われるほどで、名残惜しみながらもいい時間を過ごしました。

時間は不可逆。過去は変えられない。そう思い込んでいる私たちだけれど、いまを変えれば、未来のみならず、過去もひなたに変えることが可能なのではないか。思い込みを解くことで見えるものが変わっていく。

撮影時、上白石、深津、川栄がじつは集まっていた回、タイトルバックも3人が一つになった。これまでは、一本の道が3つに分かれ、3人の人物がそれぞれの道を歩いていったが、111回だけは3つの道が一つに。これもまた歴史が変わったことの象徴のようだった。これはタイトルバックを制作した演出の深川貴志さんの発案だ。
最後にお届けするオープニングは、その日の内容的にも、3人の道が一つにつながっていくような雰囲気を感じていただきたかったです。放送が進むなかで、タイトル制作でコマドリストの竹内泰人さんとプロデューサーの増田悠希さんと「毎回オープニングを見てくださっている視聴者の皆さまに何か感謝の気持ちを表わせないか」という話をしていました。


その反面、“このドラマの中心でもある「つながり」を見事に表現したオープニングは変えるべきではないのでは?”という気持ちもあり、考えあぐねていたところ、3月15日に高瀬耕造アナウンサーの「オープニングの中で3世代、3人が並んで歩いている場面があるんですよね」というような発言を耳にしました。それを受け、3人が歩く道に焦点を当て、仕掛けを作り上げることにしました。


この記事の画像

「『カムカムエヴリバディ』家族が一つになり、3つの道も一つになった今日のタイトルバックに込めた思い」の画像1 「『カムカムエヴリバディ』家族が一つになり、3つの道も一つになった今日のタイトルバックに込めた思い」の画像2