今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

満艦飾マコ大暴走! 爆笑そして涙、汗、油「キルラキル」25話先行上映会

2014年9月1日 09時00分 ライター情報:木俣冬

「キルラキル」DVD&BD第9巻/アニプレックス
9月3日発売

8月の最終日、新宿バルト9へ、「キルラキル」の第25話先行上映会に行ってきました(大阪では30日に行われました)。
25話とは、テレビ未放送の、ブルーレイ&DVD第9巻に収録される新作です。
上映会+脚本の中島かずきと声優陣(小清水亜美、柚木涼香、洲崎綾、稲田徹、新谷真弓、檜山修之、三木眞一郎、小西克幸、朴ろ美 ろ=王へんに路)のトークから成る、熱く激しく濃厚な1時間半。
最初に、全24話のあらましをまとめた装繍編(総集編)があって、心拍数をあげてから、25話に突入。お話の中身は秘しますが、上映終了後のトークショーで、鬼龍院皐月役柚木涼香が「台本2ページめで泣いた」と発言し、いろいろ思い出して激しく泣き笑いしてしまうくらいの、重量級のドラマが展開します。24話で謎だった部分もわかりますよー。
なにより収穫だったのは、画が、大きなスクリーンで見ても遜色ないどころか、「キルラキル」って大画面で見るべきだと実感できたこと。アクションシーンの臨場感や群衆シーンのダイナミックさなどが、大いに堪能できましたし、ことのほか、美木杉愛九郎(三木真一郎)の大画面裸身に、客席が沸いていた気がします。
個人的には、本編でもしょっちゅう嗜虐的な捕まり方をしていた満艦飾マコ(洲崎綾)が大画面で捕まっているシーンに萌えました。彼女のやわらかラインは大きくなったらもっとやわらかに見えました。当然、頭も相変わらずやわらか過ぎるほどです。
なんと、トークショーでも、マコこと洲崎綾がやわらか過ぎて、目が離せませんでした。中島かずきは彼女に鋭いツッコみをし続けていました。
洲崎綾は、登場のさいには、コロッケを食べながら登場し、トーク中、ふいに、油にまみれた手を中島かずきのジーパンで拭こうとするという暴挙まで! 中島が大事な話をしているときも、挙動不審な行為で曖昧にしてしまいます。でも無邪気だからなんか許せちゃう。
また、蟇郡苛の衣裳を作って着ている稲田徹が、大層汗をかいているので、気を利かせた女性陣が「拭いてあげなよ」と洲崎綾に言うと、自分が拭いた油まみれのティッシュを使おうとして、ツッコまれまくります。
余談ではありますが、このとき中島かずきが、蟇郡苛衣裳の経費は「『キカイダー01』の怪人や『(星雲仮面)マシンマン』の怪人の予算くらい」と例えました。キカイダーはともかくとして「マシンマン」って・・・とどれくらいの人がわかるんだろう。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品