今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

なぜケツばかりが話題なのか。大ヒットアニメ「楽園追放」の謎を追う

2014年12月16日 10時50分 ライター情報:たまごまご
水島精二監督、虚淵玄脚本のアニメ映画『楽園追放 Expelled from Paradise』のBDが発売になりました。
完売報告も多数。
いまだに「注文したのに届かないー!」という第二次出荷待ちの人もいるほどです。

秋葉原も「楽園追放」であふれていました。



もーびっくりするほど、あちこちで話題に。特にTwitterでの盛り上がりがすごい。
けれども、褒め言葉の中身がどうにもおかしい。
「いいケツだった」
こればっかり。
Twitterの「楽園」の予測検索結果。おかしい。



だいたいこんなノリです。

見ていない人の中には「楽園追放っていやらしいアニメなの?」「ケツとか尻とかしか聞かないんだが」という声も。
ほんとすいません。
「楽園追放」を画像検索すると、さらにわけがわからなくなります。
「楽園追放」の画像検索。ほとんどが公式。立体っぽいのは、公式が作った等身大アンジェラ。

あらすじ。
人間はデータ化されて、電子化された世界ディーヴァを安住の地として暮らしている時代。
ある日突然ハッキングを受け、エリート捜査官アンジェラは、リアルの地球上に降り立つことになる。

……というゴリゴリのSF映画。
別にお色気映画じゃないはずなのに、なぜなケツなのか。

●非常によくできたケツ
やたらケツが話題になっているのは、ヒロインのアンジェラ。16才くらいのボディです
中身の年齢は不明です。

彼女が歩くと、ケツがぷりっぷりする。
すべての原因はこの服装のデザインのせいだったのです。
BD表紙。ヒロインのアンジェラはおしりもお胸もすごい。

この世界みんな、こういう露出ボーンな格好なのかと思ったら、違うのよ。
人間の世界ではみんな服を着ているので、彼女が町を歩くとみんな振り返る。

ぴったりした服装を、3DCGアニメーションで見せる。特に胸とおしりの柔らかさ。難しいですよ。
彼女の体重だったらこのくらいだろうな、という計算がしっかりされています。

「楽園追放」本編は、そこまでケツは出ません。
だけど、観たひとは、「この映画(ケツにまで)こだわってるんだぜ!」と伝えたくなる。だからケツの話題が頻繁にあがってしまうのです。

●美少女という踏み絵
劇場用のちらしを見てみましょう。
これを手に取るか否か。

「露出度の高い服装の女の子」、「ちょっとダンディなおっさん」、「ロボット」。
この映画がやっているのは、斬新なことではない、むしろ、懐かしい。

例えばアクションシーン。
高速で動くミサイルを、カメラワークやデフォルメで表現する、通称「板野サーカス」。イデオン、マクロスなどで使われています。
映画では、実際に板野一郎をモーションアドバイザーとして呼んでいます。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品