今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「クレイジージャーニー」に遂に次元が違う人が来た。関野吉晴の極まりっぷりにスタジオ騒然、演出家落涙

2015年7月30日 10時00分 ライター情報:北村ヂン
取材対象に夢中になりすぎたあまりにクレイジーになってしまった旅人たちと世界を巡って、ヤバすぎる映像をガンガン流してしまっている話題の地上波ギリギリ番組『クレイジージャーニー』(TBS系・木曜23:53~)。先週、先々週と、丸山ゴンザレスによるジャマイカのマリファナ事情のレポートがオンエアされ、マリファナが出てくるわ、拳銃が出てくるわ、メッチャ大規模なマリファナ畑に潜入しちゃうわと、地上波の限界を突き抜けまくった映像のオンパレード!

ところが今週、7月30日放送分ではガラッと趣を変えて、アフリカで誕生した人類が、膨大な時間をかけて世界中に拡散していったルートを人力の旅でたどっていくアカデミックな紀行ドキュメンタリー『グレートジャーニー』で有名な探検家・関野吉晴が登場。ある意味、奇抜な旅人たちが次々登場するイメージのある『クレイジージャーニー』にド直球の壮大な旅人が出演とは、果たしてどうなるのか!? 今週もスタジオ収録後に演出の横井雄一郎氏をつかまえて、裏話&見どころを訊いた。
『クレイジージャーニー』(TBS系 木曜23:53〜)グレイトジャーニー関野吉晴登場

クレイジージャーニーたちが尊敬するクレイジーな旅人!


──『クレイジージャーニー』というタイトルはやはり『グレートジャーニー』を意識したんですか?

「『グレートジャーニー』自体、そんなに細かく見ていたわけではないので特に意識はしていなかったんですけど、タイトルを決める時にどこか頭の片隅にはあったのかもしれませんね。関野さんのことは、むしろ『クレイジージャーニー』がはじまってからより注目するようになりました。ゲストで出てくれたクレイジーな人たちが、みんな関野さんをリスペクトしているんですよ。こんなすごい旅をしている人たちから尊敬されるなんて、どんな人なんだろうと」
「クレイジージャーニー」演出家・横井雄一郎。TBSテレビ制作局制作二部所属。1981年生まれ、2004年入社。これまで携わったおもな番組に「学校へ行こう!MAX」「リンカーン」「キングオブコント」「ドリームマッチ」など。現在は「クレイジージャーニー」(演出)「水曜日のダウンタウン」(ディレクター)を担当する

──確かに、関野さんからはものすごい大物オーラを感じました。

「関野さんを見ると、危険なスラム街に潜入している丸山ゴンザレスさんや、奇界遺産で変わった光景を見に行っている佐藤健寿さんとまた違った種類の達観した凄みがありますからね。南米からアフリカまで、人類がたどってきた約5万キロにも及ぶルートを逆から人力でたどって……。確かに昔の人たちも同じルートで旅をしたのかもしれないですけど、それは700万年とかかけてやってることですから!」
グレイトすぎるエピソードに、松本人志、設楽統、小池栄子驚愕しまくり

──『クレイジージャーニー』のゲストさんたちは、みんな「なんでそんな旅をするの?」っていう部分がありますよね?

「そこを『クレイジー』といってますからね。

ライター情報

北村ヂン

群馬県出身。ライター&イラストレーター。珍奇でバカでサブカルチャーなものが主な取材対象。「デイリーポータルZ」や「日刊サイゾー」などで執筆中。

URL:Twitter:@punxjk

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品