今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「人生で一番大変だった」プリキュアは?「プリキュアミュージックナイト」レポ

2015年11月29日 08時00分 ライター情報:青柳美帆子
このエントリーをはてなブックマークに追加
11月27日、新宿バルト9で「プリキュアミュージックナイト」が開催された。今年春に公開された「映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル」と、大ヒット公開中の「映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!」の上映とともに、音楽にまつわるトークを繰り広げてもらうというイベント。
イベントは2部構成。1部では主題歌を担当する礒部花凜北川理恵が、そして2部では作曲の高木洋と作詞の大森祥子が登壇。どちらも「プリキュア」シリーズの生みの親・鷲尾天プロデューサーによるMC進行だ。

礒部きらら、北川みなみによるライブパフォーマンス!


「春のカーニバル」の上映後、駆けてくる礒部花凛。マイクを持った礒部は、ノーブル学園の制服に身を包み、特徴的なツインテール。天ノ川きららの格好だ。
いきなりの生ライブ! OPテーマの「MiracleGo!プリンセスプリキュア」を歌う。
礒部花凜。好きなキャラはきらら(トゥインクル)

続いて、北川理恵がやってくる。礒部がきららなら、北川は海藤みなみ。編み込みの入ったロングヘアがかわいい。
ライブパフォーマンスは、後期EDテーマの「夢は未来への道」。各プリキュアのソロバージョンがあるという遊びのある曲だ。今回は「フローラ」バージョンを歌ってくれた。
北川理恵。好きなキャラは元祖ディスダーク3幹部

MCの鷲尾Pはベージュのスーツ、礒部&北川はノーブル学園の制服姿。1部はまるで「ノーブル学園の授業風景」のよう。

プリキュアのOP&EDに選ばれて


オープニング歌手に抜擢された礒部。選ばれた理由は、歌声が主人公の春野はるかのイメージにぴったりだったからなのだそう。しかも礒部は、ミス・ユニバース・ジャパンの奈良代表に選ばれたこともある「プリンセス」。
鷲尾「ミス・ユニバースのときに撮られた写真を見ると、ものすごくきりっとしてるんですよ。でも実際に会うと……こういう方じゃないですか!」
ものすごくほわ〜んとしている。
礒部「最近、帰省するたびに親に『大丈夫か?』って心配されるんですよ……どう思います?」
客席から「がんばれー」「大丈夫ー!」と応援の声が上がる。
礒部「ありがとうございます〜、(プリキュアファンの皆さん)暖かいですね〜!」
北川は10代のころからミュージカル女優として舞台に立ち、「アニー」にも出演している。
鷲尾「北川さんは舞台で見るとすごく大きく見えますね!」
恐縮する北川。

ふたりとも、プリキュアに関わるのは今回がはじめて。
鷲尾「周りの反応とか、ありました?」
礒部「そりゃあ……ありました!」
鷲尾「も、もうちょっと膨らませて!」
礒部「友だちに言われていちばん嬉しい!ってなるのは、プリキュアはどれもかわいいんですけど、『プリンセスプリキュアは最高にカワイイね!』って言ってもらえること。

ライター情報

青柳美帆子

フリーライター。1990年(平成2年)生まれ。オタクカルチャー・イベントレポ・明るいエロス・少女革命ウテナなどを中心に執筆しています。

URL:青柳美帆子のまとめ

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品