今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

阿部寛「僕は完璧」岡田准一「先生、教えて下さい」岡田准一主演映画「エヴェレスト 神々の山嶺」会見

2015年12月14日 19時00分 ライター情報:柚月裕実
「この場にいられるのが奇跡」
12月14日都内で行われた映画『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年3月12日(土)公開)の完成報告会見が開かれた。主演をつとめる岡田准一をはじめ阿部寛、尾野真千子、監督の平山秀幸が登壇した。
平山監督と尾野真千子。家族のように微笑み合う姿も見られた

原作は夢枕獏の世界的ベストセラー『神々の山嶺』。岡田演じる深町誠がカトマンドゥで見つけたエヴェレスト史上最大の謎を解く可能性を秘めた、ある古いカメラを発見したことから物語が動いていく。
「山をやらないなら死んだも同じだ」と、孤高の天才クライマー羽生の生き様にのみこまれ、限界を超えた“世界最高峰”の頂きを目指すストーリーだ。

撮影はネパールのエヴェレストに登って行われ、標高5200メートルでの撮影は日本映画史上初。冒頭のコメントは平山監督の挨拶で聞こえてきた言葉だ。

「この役をやるため」岡田准一のカメラと登山


「自分がカメラを好きになって山に登るようになったのはこの作品をやるためだったのかなって」
野心家の山岳カメラマン・深町誠を演じる岡田准一は、プライベートでもカメラを持ち山に登っていたことから作品に縁を感じていた。

「自分のカメラを首につけながらずっと登ってたんですけど、その時に阿部さんの役作りを見ながら、ファインダー越しだと違うんですよね。自分の目とファインダーだと。阿部さんがどんどん羽生丈二になっていく、火の塊のような男になっていくんです。先輩の役づくりを見ながら登っていくというのが自分的にはすごくいい経験、勉強させてもらいました。
監督も演じるために色々考えるよりも“生身の岡田が出るぞ”と言って下さって。生身のお二人の感じというのも、厳しい環境の中でお芝居をする真面目さみたいなものをお二人から学ばせてもらいましたね」


体調を保つため?エヴェレストで鼻うがいレッスン


過酷な環境で生かされた鼻うがいの先生

「色々考えていったことが通用しない場所だからというのは聞いていましたし、空気が半分という経験もしたことがなかったので」
山が好きで富士山の経験がある岡田も身構えたエヴェレスト。とにかく体調を崩してはならないと、阿部から鼻うがいを教わった岡田。標高5200メートルで鼻うがい!

岡田「こういう話しないほうがいいですかね?(笑)普通にいても苦しいのにむせて、いつも習ってたんですけどなかなか出来なくて」
阿部「僕は完璧にできるんですけど、岡田くんは僕を先生と呼んでくるからトレーニングしたんですけど苦しかったね」
岡田「(阿部が)鼻うがいマスターなんで、毎日教えて下さいって教えてもらったんですけどね」

日本映画史上初という標高だけに、相当過酷なロケだったことは確かだ。

ライター情報

柚月裕実

Web編集/ライター。ジャニヲタ。アイドルがサングラスを外しただけでも泣く涙腺ゆるめな30代。主にKAT-TUNとNEWSですが、もはや事務所担。

URL:Twitter:@hiromin2013

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品