今注目のアプリ、書籍をレビュー

新「テラスハウス」18話。宿酔デートで吐きそうな男は、それでも観覧車でキスできるのか

2016年1月26日 09時50分

ライター情報:米光一成

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ふがいないねえタップ先生。なにもしてないじゃんあの人結局」
中田クルミおねえさんのガツンとしたコメントからはじまった「テラスハウス」新シーズン、Netflixで第18話配信。地上波は第13話
「テラスハウス TERRACE HOUSE BOYS&GIRLS IN THE CITY」(NTEFLIX)新シーズンの現在の登場人物は、中田みのり、内原達也、ビタラフ・アルマン、大畑ありさ。
写真は「テラスハウス」劇場版DVD。

みのりとウッチーが、つきあいはじめて間もないのに早くもギクシャクしている。
「何か言いたいことがあるなら言いなよ」って、言うから、言ったのに、「でも……」「だけど……」って言葉を挟んでくると、みのりは前回主張した。
でも、ウッチーが悪いだけじゃなくて、相性の問題じゃないか、ことによっては、みのりちゃんがウジウジしすぎなんじゃないかぐらいの勢いで、前回の原稿で、ウッチーを擁護したんだけど……。
今回見て、わー、こりゃあかん。ウッチー、ダメだよーそれーって思わず叫んでしまった。

みのりとウッチー、部屋で2人きり。
ウッチー「スターウォーズ見たい」
みのり「見にいこうよ」
ウッチー「ね、行きたい」
みのり「22日は?」
ウッチー「22? 火曜日休み」
みのり「見れない?」
ウッチー「見れるよ。1日空いてるもん」
もうすでにイライラしている。
「スターウォーズ一緒に見に行こうよ」でいいじゃん。
誘えよー。いらいららー!
っても、まあ、カップルの会話ですから、それぞれのつきあい方があって当然ですから、いいですよ。
のぞき見してイライラしてるこっちが趣味悪いだけである。

だけども、その後。
ウッチー「なんか ぶっちゃけ今のこの家があって、この環境だから、なんとなく成り立ってる関係性であるなっていうのはちょっとあって」
みのり「何が?」
スタジオ騒然。「えええ?」「ていうか」「それ言っちゃダメなんじゃないの?」
ウッチー「みのとうまくいってるのとかも」
みのりちゃんのことを「みの」って言ってるのかってのがわかって、そのへんはちょっとほのぼのするが、何を言い出したのか。
ウッチー「どうすんの?とか思わない?」
みのり「これがなくなったら?」
ウッチー「うん」
なにそれ、別れ話を切り出したいのか。
ウッチー「本当に会わなくなると思う。会えないというか……」
やばい。
みのり「でも いずれは出て行くじゃん」
ウッチー「出て行くけど。すごいイッキにグッとみのと距離が離れそうな気がする今出て行くと」
スタジオ「ええ?」「なに? ネガティブ」
どうやらウッチーが言いたいのは、「だから、まだテラスハウスに残って、一緒にいたい」ということらしい。
「一緒にいたいよ」でいいじゃん。

ライター情報

米光一成

ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学客員教授。代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」「想像と言葉」等。

URL:Twitter:@yonemitsu

注目の商品