今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「昭和元禄落語心中」3話。落語界に迫る戦争の足音

2016年1月29日 09時50分 ライター情報:杉江松恋
雲田はるこ『昭和元禄落語心中』を原作とするアニメ、ますます絶好調に放映中である。Blu-rayの発売日も2月24日と発表された。
前回の「昭和元禄落語心中」第3話は、原作2巻のお話。日本が戦火の中に突き進んでいき、落語をはじめとする大衆娯楽が一気に衰退した時期から敗戦直後までが描かれた。戦争によって初太郎(のちの有楽亭助六)とも引き裂かれ、菊比古(のちの八代目有楽亭八雲)は、師匠のおかみさんと共に地方へ疎開、工廠で働くことになる。
「昭和元禄落語心中」Blu-ray/キングレコード(2/24発売予定)

禁演落語という「自主規制」


戦時下の事態を象徴的に表すのが、作中でも語られた禁演落語の存在だ。1941(昭和16)年、戦時中という時局にふさわしくないと見なされた落語53席が東京・浅草の長瀧山本法寺のはなし塚に葬られた。大事なのはこれが当局からの規制ではなく、落語界が自ら行ったものである。「自粛」が表現を萎縮させた悪例として、語り継がれるべき歴史的事実といえる。
53席は以下の通り。現在では不適切とされる用語があるが、どうかご容赦いただきたい。
1)廓噺…「明烏」「粟餅」「磯の鮑」「居残り佐平次」「お茶汲み」「おはらい」「お見立て」「親子茶屋」「首ったけ」「廓大学」「五人廻し」「三助の遊び」「三人片輪」「三人息子」「三枚起請」「品川心中」「疝気の虫」「高尾」「辰巳の辻占」「付き馬」「搗屋無間」「突き落とし」「とんちき」「二階ぞめき」「錦の袈裟」「白銅」「ひねりや」「文違い」「坊主の遊び」「星野屋」「万歳の遊び」「木乃伊取り」
2)艶笑譚、男女の交情を描いたもの…「氏子中」「紙入れ」「蛙茶番」「駒長」「権助提灯」「城木屋」「つづら間男」「つるつる」「引越しの夢」「一つ穴」「不動坊」「庖丁」「宮戸川」「目薬」「悋気の独楽」
3)不道徳な行為、残酷描写など…「後生鰻」「子別れ」「贋金」「六尺棒」「山崎屋」「よかちょろ」
1)〜3)の分類は便宜上のもので、実際に禁演落語を定めたときの定義とは異なっている。吉原などの遊興を描いた噺が多く、艶っぽい内容のものなども多く対象になったことがわかる。その反面、単なる親不孝な道楽息子の話にすぎない「六尺棒」や、親子の情愛を描いた「子別れ」(上にあたる部分が「強飯の女郎買い」として演じられるからか)が入っているなど、基準がよくわからない。「自粛」とはそういうものだとは思うが。

戦時中の落語家たち


菊比古が疎開を余儀なくされたように、戦争によって仕事を奪われた落語家たちは他にも多数いたはずだ。

ライター情報

杉江松恋

1968年生まれ。小説書評と東方Projectに命を賭けるフリーライター。あちこちに連載しています。

URL:Twitter:@from41tohomania

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品