今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「わたしを離さないで」最終話。強者による弱者からの搾取という主題はどうなったか

2016年3月19日 09時00分 ライター情報:杉江松恋
ついにドラマ「わたしを離さないで」が最終回を迎えた。
いろいろな考える「種」を与えてくれる作品だったと思う。カズオ・イシグロの原作小説『わたしを離さないで』のファンの方も最後まで興味深く観られたのではないか。少なくとも、あの作品をなぜ映像化したのか、というような疑問は湧かなかったはずである。

最終回ということで、以下に全話を通して思ったことを書きたい。ネタばらしをするつもりはないので、これから録画や公式サイトで視聴される方も読んでいただいて大丈夫です。ただ、絶対に予備知識なしに観たい、という方はご覧になった後でまた覗いてみてください。

嘘つきの心と、心の悲鳴と


保科恭子(原作におけるキャシー・H。綾瀬はるか・演)と土井友彦(原作におけるトミー。三浦春馬・演)が必死にしがみついていた「猶予」の可能性が否定され、友彦は堪えてきた感情をついに爆発させてしまう。自暴自棄になり、恭子を「介護人」から解任したいとまで言い出す。そして、陽光学苑(原作のヘールシャム)から持ち続けていた宝箱や、夢の象徴であったサッカーボールをゴミ袋に入れて捨てようとするのだ。かつて友彦は、酒井美和(原作におけるルース。水川あさみ・演)が同じような行動に出たとき、こっそり宝箱の中身を拾って戻してやったことがあった。その友彦が、過去の記憶につながるものをすべて捨て去ろうとするほどに、夢を否定された絶望は深かった。

前回のレビューで、原作の特徴を虚偽意識だと書いた。キャシー・Hの語りの表面に、それは決して出てこない。あるいは無自覚なものとして、語り手は嘘をついているのである。自分が夢を見たり、希望を持ったりしたこと自体を語り手であるキャシー・Hは認めない。希望を抱いたという記憶は、絶望をより深いものにするからだ。ゆえに語りは平板なものになり、感情の起伏は抑えられ、時には笑いで覆われることになる。そうした形で平静を装わなければ、心を保てないことが人にはある。原作『わたしを離さないで』はそうした心理の複雑さを踏まえて書かれた小説である。

この重層的な感情の描き方は映像向きではない。それゆえドラマでは、別の戦略がとられた。自分が置かれた立場から眼を背けるために虚偽の感情表現をする、という登場人物たちの行動は基本的に同じである。ただしドラマでは、自分を守るためにまとっていた感情の鎧が崩壊する瞬間を重視した。第7話から8話にかけて、狡猾な嫌われ者の顔を捨てて子供のように無邪気になった美和の、特に恭子に向けられた笑み、第9話における友彦の激しい怒りは、彼らがそれぞれ自分に戻ったためのものである。

ライター情報

杉江松恋

1968年生まれ。小説書評と東方Projectに命を賭けるフリーライター。あちこちに連載しています。

URL:Twitter:@from41tohomania

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品