今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

「東京フレンドパーク2017」7月ドラマ大集合、50代ホンジャマカまだまだ現役

2017年6月21日 06時00分 ライター情報:井上マサキ
2011年3月の終了後、今年1月に特番として復活した『関口宏の東京フレンドパーク』。1月ドラマの俳優陣(『A LIFE』の木村拓哉や『カルテット』の4人!)が、「ウォールクラッシュ」などに挑戦する華々しさもさることながら、「過去にダーツを外した芸能人の名前」のシール位置までも忠実に再現するこだわりよう。6年のブランクを全く感じさせない「営業」だった。

(※参考記事:東京フレンドパーク「ウォールクラッシュ」体験ハリキリちゃん。こんな僕でも壁にくっつくの凄い

あれから半年。夏の特番として再び東京フレンドパークが「開園」!
先日都内で『関口宏の東京フレンドパーク2017 7月ドラマ大集合SP』(TBS系列)の収録が行われ、終了後に関口宏、渡辺正行、ホンジャマカ(恵俊彰、石塚英彦)の皆さんに話を聞きました。
『関口宏の東京フレンドパーク2017 7月ドラマ大集合SP』。関口宏が「支配人」、渡辺正行が「副支配人」、ホンジャマカの二人が「従業員」。このポジションは1994年の番組スタート時からそのまま。(C)TBS

関口さんのホイッスルの音が前回より大きい


今回は7月スタートの新ドラマ、『ごめん、愛してる』『カンナさーん!』『ハロー張りネズミ』から各4人が来園。アトラクションは前回より2つ増えて全部で7つ。3時間スペシャルという大ボリュームである。

石塚:レギュラー回でもたぶん最高で2時間スペシャルだった気がするんです。今回3時間ということで、たぶん予算もあったのか、我々の控え室におにぎりやバナナが珍しく……(笑)
関口:まぁこういう番組ですから、ハプニングが起こるんで。今日もね、面白いハプニングが何カ所か出たんじゃないかな。楽しく出来たんじゃないかなと思っております。
:前回のスペシャルより関口さんの判定が厳しかったですよね?
石塚:ホイッスルの音が大きかったですよ。
:「ダメよ!」って感じの。
石塚:ぶれてない感じの「ピッ!」っていう。やっぱり自信の現れなのかと。
渡辺:でもなんか前回より楽しくできたかなって感じがしますね。
:すっごい楽しそうでしたよね〜
渡辺:もちろん各チームの競い合いってのは全体の縦構成なんだけども、それよりも各ゲームを各自が楽しんでやってた感があって。そういうのが面白いなぁと思いました。

毎回、各アトラクションの冒頭では「従業員」による説明&デモンステーションがある。今回の特番では、なんと初めてホンジャマカが全アトラクションの説明を担当した。

:あれは……なんでしたっけ?ゴロゴロゴロゴロするやつ……。
石塚:ネヴァーワイプアウト。
:そうそうそれだ。
渡辺:あなたも関口さんみたいになってるじゃない(笑)
:あれのゲーム説明って、今までホンジャマカはやったことないもんね。

ライター情報

井上マサキ

1975年石巻出身のフリーライター。元SEで2児の父。スマホアプリ・パパ育児・お笑いを中心に活動中。路線図鑑賞家。ケータイ大喜利第14号レジェンド。

URL:Twitter:@inomsk

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    この番組大好きだったなあ。また復活してほしいな。その際はフランキー為谷氏の再登板もよろしく。

    8
  • 匿名さん 通報

    関口は日曜朝の左巻き番組なんかやってないで、フレンドパークやドラマだけやってればいいんだよ

    6
  • 匿名さん 通報

    7月3日って月曜日だよね?

    6
  • ニャニャー 通報

    フレンドパーク、面白いね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品