今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

タロットは「当てて」もらうんじゃない、自分で「思い当たる」のだ

2012年7月24日 11時00分

会場は女性客が多く、「バロック」ファンもチラホラ。相談者とタロット使い、二人一組ペアになって行った実践は大盛り上がりで、そこかしこから歓声があがっていました

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

「思考ツールとしてのタロットは、『当たる』のではなく『思い当たる』のです」

7月21日、阿佐ヶ谷ロフトAで「思考ツールとしてのタロット」が開催された。主催者はゲームデザイナー、立命館大学教授、そしてエキレビ!ライターでもある米光一成さん
タロットを、物事を新しい視点で捉える思考ツールとして使っちゃおう! というイベントだ。

「え〜、タロット? 呪術的っぽーい、こわーい、しんようできなーい」と言う人もいるかもしれない。
いやいや、たしかにタロットと言ったら占いのイメージは強いけど、水晶玉で未来を見たり、ろうそくの炎ユラ〜ってしたりとかはしないんですよ。
おれは、タロットというと「ドラクエ4」とか「ジョジョ3部」とか「ペルソナ」に出てきたくらいでしか知らない。そういえば、米光さんがつくったゲーム「バロック」には、異形というタロットの大アルカナを対応した敵キャラクターが出てくる(カトーという異形もいる)。


はじめに書いたように、誰かに占って「当てて」もらうんじゃなくて、自分で「思い当たる」のが、思考ツールとしてのタロット。

わかりやすい例として、「なぜ相談は失敗するのか」があげられてた。
正しい助言をしても、理屈があっているほど、否定されている気になってしまうから。
自分でも本当の悩みに気づいていないことは多いし、「○○だから△△なんじゃない?」と正しいアドバイスをしても、「でも、□□って問題もあるし」とどんどん新しい事実が出てくる。
つまり、相談された側は当事者じゃないから、どうしたって悩みごとは共有できない。最終的には「あなた、何様なのよ!」ってケンカになっちゃう。あるある。
客席からも「たしかに〜」「あ〜、わかる」などの声が漏れていたよ。

で、結局どうすればいいのか。悩みはどうやって解決すればいいのか。
ここで、タロットの登場。
もし、神様が助言をしてくれたら、「神様が言うんだったら仕方ない」って思っちゃうでしょう。それをタロットに任せちゃうのですよ。

会場で行われた方法は、二人一組になり、相談者とタロット使いにわかれる。タロット使いがしていいのは、相談内容を理解するための質問だけ(助言しない!)。
話を聞いたら、相談者に、タロットを3枚引かせ、並べる。
引いたカードの説明をし、タロットは左から、過去、現在、未来を示している。
相談者はここで、なにかに「思い当たる」。
自分で、思考して、気付くのが大事。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品