トップニュース

森友交渉記録 首相"廃棄は不適切

安倍晋三首相は23日の衆院厚生労働委員会で、財務省と森友学園の交渉記録を「廃棄した」とした佐川宣寿前国税庁長官の答弁との整合性を取るため、国有地売却問題発覚後も財務省が廃棄を進めていたことについて、「国会答弁との関係で文書を廃棄することは不適切であり、誠に遺憾だ」と述べた。立憲民主党の長妻昭氏への答弁。首相は交渉記録が残っていたことに関し、「答弁と事実が異なっていたわけで誠に遺憾だ」...全文>>