トップニュース

飼い犬から覚醒剤成分検出されず

和歌山県田辺市の会社社長、野崎幸助さん(77)が急性覚醒剤中毒で変死したことを巡り、県警が調べていた飼い犬の死骸から、覚醒剤成分が検出されなかったことが、捜査関係者への取材で分かった。野崎さんは5月24日夜、自宅で死亡しているのが見つかった。体内から多量の覚醒剤成分が検出されたため、県警は事件の可能性があるとみて、これまでに野崎さんの自宅などを容疑者不詳の殺人容疑で家宅捜索。同6日に...全文>>