90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

『DEATH NOTE』の原点は、ギャグ推理漫画だった!?

2017年11月10日 10時00分

ライター情報:バーグマン田形

(※筆者撮影)

[拡大写真]

00年代初頭の少年ジャンプに旋風を巻き起こした名作『DEATH NOTE』。

インフレする敵を倒し続けて行くバトル漫画が主流だった中、緻密な心理戦を軸とした先の読めない展開でたちまち大人気に。主人公が殺人にためらいのないダークヒーローという設定も斬新だった。

サブカル雑誌等で特集が組まれたり、深読みした批評が発表されたりと、人気はジャンプの枠を超えて飛び火。普段ジャンプを読まない層の支持も集め、空前のブームになったのは記憶に新しいところだ。
「Lは実は死んでいないのでは?」「ヨツバグループに現れた新たなキラの正体は?」などなど、毎週予想は白熱。連載時の盛り上がり方は凄いものがあった。

そんな中で、常に議論され続けてきたテーマがある。それは、この作品がデビュー作として漫画原作者にクレジットされていた「大場つぐみ」の正体。
「この心躍るストーリーを書いているのは何者なのか?」という点である。

『DEATH NOTE』大場つぐみ=『とっても!ラッキーマン』ガモウひろし説の根拠


今さらもったいぶることもないので断言するが、大場つぐみとは『とっても!ラッキーマン』で有名なガモウひろし先生のことである。

『DEATH NOTE』1話で主人公が通う塾が「蒲生(がもう)ゼミナール」だったり、コミックス7巻の作者イラストがガモウ先生を思わせるタッチだったりと、連載当時も噂は絶えなかったが、08年から連載された『BAKUMAN。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!