90s

亀仙人が主役!? 台湾版実写ドラゴンボールにおける悟空の脇役感

90年代の世界には、日本が知らないドラゴンボールがあった。そして、台湾で1991年に制作されたドラゴンボールもまた、日本人が知らない感じのドラゴンボールだ。

原作をなぞりつつ、ところどころオリジナル感を出そうとする姿勢は個人的に嫌いではない。ドラゴンボールを参考にした別物だと思って見ると、大変面白いB級映画とも言えよう。

原作からは想像できない凶悪キャラ


亀仙人が主役!? 台湾版実写ドラゴンボールにおける悟空の脇役感
画像はIMDbより

この物語は原作でいうところの、悟空がブルマと出会って最初にドラゴンボールを揃えて神龍を呼び出し願いを叶えてもらうところまでが描かれている。世界征服を企むピラフ一味とのドラゴンボール争奪戦の末、ウーロンの「ギャルのパンティをおくれ!」という願いが叶えられたところくらいまでの話だ。

ピラフ一味といえば、ピラフ大王、シュウ(犬)、マイ(女)いずれも可愛らしい見た目から、どう頑張っても世界征服なんてできなさそうなほのぼのとした雰囲気が特徴の3人トリオだ。

しかし、台湾映画の彼らは一味違った。シュウは全盛期のシュワルツネッガーのような筋肉マンでもはや犬ですらなかったし、マイは冷徹非情な機械のような女だった。彼らのボス、ピラフにいたっては映画「アバター」を極悪人ヅラにしたような見た目だ。そして、彼らとのバトルシーンは特撮ヒーローも顔負けの大量の火薬が使用されたド派手なものだった。

悟空が主人公だと思っていたら…


ドラゴンボールの主人公は誰がなんと言っても孫悟空だ。もちろん、この映画でも悟空が主役なはずだった、少なくとも物語の中盤までは。しかし中盤を過ぎたころに亀仙人が登場して以降、悟空が主役という雰囲気は一切なくなってしまった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「亀仙人が主役!? 台湾版実写ドラゴンボールにおける悟空の脇役感」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    原作崩壊感はあるが、B級映画好きとしては面白ければ良いと思う。越版どらエもんのしずかちゃんとか可愛かった。米版北斗の拳はアレだったけどね。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。