90s

「モータルコンバット」実写取り込みの残虐描写が与えた衝撃を振り返る

90年代初頭、ストリートファイターIIを筆頭にアーケードゲームの主役は一気に格闘ゲームに傾きかけていた。格闘ゲームは打撃や必殺技を繰り出して対戦相手の体力ゲージを0にするか、タイムアップ時に自身の体力ゲージ残量が相手より多ければ勝利というシンプルなルールだ。

「それだけで満足するのか?」とでも言いたげなアメリカ生まれの格闘ゲーム『モータルコンバット』が、そんな格闘ゲーム界の熾烈な争いに少し遅れて参戦してきた。
「モータルコンバット」実写取り込みの残虐描写が与えた衝撃を振り返る
画像はAmazonより

実写の微妙なキャラクターともっさり操作


『モータルコンバット』の特徴は、実写から取り込んで作られたリアルなキャラクターだ。しかしなぜか使用可能キャラ7名のうち、実に5名の見た目がアジア系だった。インターネットもない時代、アメリカでは本気で今でも忍が暗躍しているとでも思っていたのだろうか。

また、ストリートファイターIIの操作に慣れてしまったゲーマーたちにとって、『モータルコンバット』のもっさりした操作性は受け入れがたいものがあった。そのため日本での人気はいまひとつだった。

衝撃のフィニッシュ「究極神拳」


登場当時は微妙という評価しか受けていなかった『モータルコンバット』だが、他とは違う画期的なシステムが一部のマニア層にガッチリとハマった。そのシステムとは「FATALITY」という勝利後にフィニッシュを決めることのできるシステムで、日本版では“究極神拳”という無駄にかっこいい名称がつけられている。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年11月8日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース