90s

「餓狼伝説SPECIAL」に登場したまさかのゲストキャラに驚愕

「餓狼伝説SPECIAL」に登場したまさかのゲストキャラに驚愕
『ガロスペゲスト』画像はAmazonより

格闘ゲームといえばSNKといわれた90年代、とりわけ人気で今でも多くのファンを持つ格闘ゲームタイトルがある。それが『餓狼伝説SPECIAL』だ。93年にリリースされた同タイトルは、多くの格闘ゲームが8〜12人前後のキャラクターセレクトだった時代に15キャラのなかから選んで戦えるというキャラ数の多さと、2ラインバトルなど他の格闘ゲームにない魅力が人気を呼んでいた。

しかし、人気だった理由はそれだけでない。とある理由で多くの格闘ゲーマーが『餓狼伝説SPECIAL』を夢中でプレイすることとなったのだ。

他ゲームからのゲストキャラクターがまさかの登場


『餓狼伝説SPECIAL』が登場してからしばらくすると、なにやら「『龍虎の拳』の主人公リョウ・サカザキが登場するらしい」という噂がゲーマー界隈を駆け巡った。筆者は当時小学生、ゲーマー界隈といってもたかが知れている。リョウ・サカザキを登場させる方法も不明だ。筆者も含め、ほとんどの者が仲間内の誰かが流したウソだと思っていた。

しかし、よくゲームをやりに行っていたファミコンショップで高校生ゲーマーがプレイしていた『餓狼伝説SPECIAL』を後ろから眺めていたとき、その噂が本当であることを知った。とにかく強かった彼は、1度もダウンを奪われることなくラスボスまで勝ち進んでいった。「すげぇ!スゲェ!」を連呼する筆者ら小学生キッズは、高校生ゲーマーにとってうるさい存在だっただろうが、エンディングが見たいがためにそのまま見続けていた。そのとき、先の噂が真実であるということの目撃者となったのだった。

あわせて読みたい

  • 90年代の思春期男子を魅惑!SNKの格ゲーが必殺技KOの喜びを教えてくれた

    90年代の思春期男子を魅惑!SNKの格ゲーが必殺技KOの喜びを教えてくれた

  • 格闘ゲーム「豪血寺一族」の異様な世界観 「レッツゴー!陰陽師」のカオス感でも注目

    格闘ゲーム「豪血寺一族」の異様な世界観 「レッツゴー!陰陽師」のカオス感でも注目

  • ファミコンの歴史を終わらせたのは『高橋名人』だった!?

    ファミコンの歴史を終わらせたのは『高橋名人』だった!?

  • 『桃太郎電鉄』が5年ぶり復活…そこで「桃鉄あるある」を振り返る!

    『桃太郎電鉄』が5年ぶり復活…そこで「桃鉄あるある」を振り返る!

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2019年1月31日の90s チョベリー記事
    「「餓狼伝説SPECIAL」に登場したまさかのゲストキャラに驚愕」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      まだKOFが出る前だったから当時「別のゲームのキャラが出る」のはとても衝撃的だったな

      3
    • 匿名さん 通報

      同じSNKのゲームキャラだろ。カプコンのゲーム『ストⅡ』のリュウでも出てきたら驚くがな。

      0
    • エアプだろ 通報

      SFC版のがろスペなんてくそ移植じゃん。 まともに技でないわ、音は消えるわ。 俺にネオジオCDを買うという決意をさせることに。 それがかえって被害をうむのであった。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース