90s

旅館に置かれたファミコンボックスの思い出 家族旅行の暇つぶしにちょうどよかった

旅館に置かれたファミコンボックスの思い出 家族旅行の暇つぶしにちょうどよかった
「ファミコンボックス」画像はヤフオク!より

今のようにスマートフォンなどなかった時代、家族旅行で泊まる宿での過ごし方はなんだったかと考えると、大人であれば温泉や料理、お酒があれば十分だろう。しかし、子供には「ただゆっくりする」という選択肢はない。大人と同じように宿を楽しむという思考にはなれない筆者のような子供にとって、宿とは退屈な場であった。

子どもにとっての退屈しのぎはやっぱりファミコン


筆者が子どもの頃、宿に期待していたことはずばり“ゲームがあるかどうか”、その一点のみだった。なかでも楽しい思い出として残るのは、部屋にファミコンが設置してある宿だ。

宿泊部屋に置かれているファミコンとは、100円を投入すると15分なり30分なり遊べるという代物。ソフトは搭載されており、数種類のファミコンゲームの中から自由に遊べるというものだった。これがあるのとないので、子供にとって宿での過ごし方が大きく変わった。

両親が窓際からの風景に情趣を感じている最中、窓から見える景色になんの興味を持てない子供はファミコンに興じる。それぞれが至高の時間を過ごしていたと言ってもいいだろう。

わかる旅館だと光線銃も完備


旅館に配置されていたファミコンは、旅館向けのファミコンで名を「ファミコンボックス」といった。コンテンツのラインナップこそ「スーパーマリオブラザーズ」や「マリオブラザーズ」、「ドンキーコング」といった古いファミコンソフトだったが、その古さが逆に新鮮な気持ちにさせてくれたものだ。

あわせて読みたい

  • ぼくらはドラクエ4でAIを学んだ ボスに効かない即死呪文連発でイライラ

    ぼくらはドラクエ4でAIを学んだ ボスに効かない即死呪文連発でイライラ

  • ファミコンの歴史を終わらせたのは『高橋名人』だった!?

    ファミコンの歴史を終わらせたのは『高橋名人』だった!?

  • まさかのエンディングに驚愕! 90年代もっともエモいプロレスゲーム

    まさかのエンディングに驚愕! 90年代もっともエモいプロレスゲーム

  • 次世代ゲーム機「セガサターン」が姿を消した理由

    次世代ゲーム機「セガサターン」が姿を消した理由

  • 気になるキーワード

    90s チョベリーの記事をもっと見る 2019年1月28日の90s チョベリー記事
    「旅館に置かれたファミコンボックスの思い出 家族旅行の暇つぶしにちょうどよかった」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      ファミコンかい。寂しい人生だね。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュース

    次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

    次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース