90s

初代「バイオハザード」がプレステで発売された衝撃 不自由な操作法で恐怖倍増!?


1996年3月にプレイステーション用ソフトとして発売された初代『バイオハザード』。
洋館に閉じ込められた主人公が迫り来るゾンビと戦い抜くのが目的であり、「サバイバルホラー」という新ジャンルを開拓した、ゲーム史に残るエポック・メイキングな作品である。
ハリウッドでの映画化だけでも偉業なのに、シリーズ化して新作が出るたび世界的な大ヒットを記録。アミューズメントパークでのアトラクションも定番化している。
ゲームを遊ばない層にもその認知は絶大だろう。


斬新な設定から多くのフォロワーが登場


そもそも、それまでの映画やゲームにおけるゾンビはザコキャラ的位置づけが基本。そして、「なぜゾンビになったのか?」は重要ではなかった。
しかし、このゲームでのゾンビは「T-ウィルス」によって変異した生物兵器であり、舞台となる洋館はその実験場だったという設定は画期的だった。

このゲームの大ヒットを受け、ゾンビの地位は向上(?)。どちらかというと、マニア向けの作品で愛されてきた存在が、メジャーシーンに進出してきた印象だ。
90年代後期以降、映画やゲーム、漫画の世界にゾンビを題材としたものが、まさに「T-ウィルス」のように爆発的に拡散したのである。


ホラー映画の世界に迷い込んだような臨場感を体験


この『バイオハザード』を初めてプレイした時の衝撃は忘れられない。
とにかく怖い! 怖すぎる!
随所に、「初見殺しの罠」が散りばめられており、曲がり角の先に……扉の向こうに……何かがいる!?という不安をあおられまくり。
ゾンビ犬が窓をブチ破って登場したときには、本気で声を上げて驚いたものである。

倒したゾンビが画面から消えることなく、横たわったままなのも斬新だった。「再び起き上がるのでは……」と思わずにはいられないのだ。
純日本製なのに、キャラクターたちはあえて英語で会話し、映画のような日本語字幕が流れる点も画期的。まさにハリウッドのホラー映画を観ているような感覚だ。

銃を撃つと薬莢(やっきょう)が飛び出し、床に落ちて音がするまでを再現するなど、ディテールにもこだわり抜いており、BGMや効果音も「静」と「動」の緩急が実に巧み。
もはや、映画を観ているどころか、映画の世界にさまよい込んだかのような臨場感である。
しかし、これだけのクオリティを誇りながらも、開発当時はまったく期待されていなかったという。


やむを得ず生まれた「ラジコン操作法」が生んだ恐怖と緊張感


製作元のカプコンでは、1991年に登場したアーケードゲーム『ストリートファイター2』がメガヒット。これを受け、1990年代中期も新作のリリースや、家庭用ゲーム機への移植が中枢を担う一大プロジェクトとなっていた。
必然的にベテランクリエイターたちはそちらに集中。なので、『バイオハザード』には新人クリエイターが集結し、プレステ用オリジナルゲームの実験作のひとつとして開発が始まっている。

経験不足のまま挑むカプコン初のハード、しかも初の3Dゲームだ。技術的にも困難をきわめたという。
そのため、本来はプレイヤーの目から見た「主観視点」を予定していたが、グラフィックを含めたハードの制約から「三人称視点の固定カメラ型」になった。
しかし、これこそが『バイオハザード』大ヒットの分岐点だろう。
固定カメラ視点だからこそ、ゾンビが死角から現れるショック演出が生まれ、また、ラジコンのような独自の操作法にせざるを得なかったのである。
この操作法に戸惑った方は多かったはず。なにしろ、主人公キャラは右ボタンで時計回りに回転、左ボタンで反時計回りに回転する。オールドゲーマーにはファミコンの『バンゲリングベイ』で味わったようなもどかしさだ。
逃げたいのに逃げられない。銃を当てたいのに当たらない。
しかし、思うように操作できない不自由さがプレイヤーを焦らせ、より恐怖を倍増させる。まさに、ゲームの要となる独自の操作法となった。
また、プログラムの読み込みに必要なロード時間を、ドアを開ける際にした点もナイス。
主観視点のアニメーション演出になっており、プレイヤーは待ち時間を感じるどころか、不気味に開くドアの先に待ち受ける恐怖をあおられるわけだ。
マイナス要因をプラスに転換させる逆転の発想が、独自のゲーム性を生んだのである。

あわせて読みたい

  • 90年代の思春期男子を魅惑!SNKの格ゲーが必殺技KOの喜びを教えてくれた

    90年代の思春期男子を魅惑!SNKの格ゲーが必殺技KOの喜びを教えてくれた

  • 「逃げる8回」で会心の一撃連発!ドラクエIVが残した伝説の数々を振り返る

    「逃げる8回」で会心の一撃連発!ドラクエIVが残した伝説の数々を振り返る

  • 初代プレステ狂想曲 混迷の発売前夜から完売続出になるまで

    初代プレステ狂想曲 混迷の発売前夜から完売続出になるまで

  • 『フレディVSジェイソン』 映画史に新たな流れを起こした悪夢の対決

    『フレディVSジェイソン』 映画史に新たな流れを起こした悪夢の対決

  • 気になるキーワード

    90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年12月5日の90s チョベリー記事
    「初代「バイオハザード」がプレステで発売された衝撃 不自由な操作法で恐怖倍増!?」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      キモこわすぎて序盤でやめたゲーム。人を選ぶ万人向けではない。動物虐殺ゲームのモンハンもそうだが

      2
    • 匿名さん 通報

      操作のしづらさは評価に値しない。結局根付かなかった。

      1
    • 匿名さん 通報

      お試し版でゾンビ犬に吠えられてやめた。怖すぎた。操作が自分に合ってないのもあったけど。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

    次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース