90s

「家なき子」いじめシーンにドン引き 金はないが同情せざるを得ない陰湿さ

「同情するならカネをくれ」というセリフが94年の新語・流行語大賞に選ばれるなど、安達祐実が演じる相沢すずが主人公の日本テレビドラマ『家なき子』は世に凄まじいインパクトを与えた。

日本中の不幸という不幸を背負っているかのようなすずが、虐待やいじめという残酷な運命に抗いながらも懸命に生きる姿を、当時小学生だった筆者は「同情するけどカネはない」と一応の申し訳なさを持ちつつ視聴していた。

いじめっ子すらドン引きするレベルのいじめシーン


「家なき子」いじめシーンにドン引き 金はないが同情せざるを得ない陰湿さ
『家なき子』画像はAmazonより

『家なき子』は、第一期である「小学生期」とそのヒットを受けて制作された『家なき子2』(中学生期)まで含めたシリーズものだが、そのどちらにおいても誰が見てもわかりやすいいじめっ子の存在があった。

小学生期は主にすずの同級生で従姉妹の園田真弓が、ことあるごとに子分を引き連れてすずをいじめていた。何事も最初が肝心ということなのか、真弓のいじめは、ボクシングでいうところのジャブで様子見のところをアッパーカットで失神KOするレベルの強烈さだった。

「ごめんなさい、ついうっかり。どお? 便所味のおにぎり」(『家なき子』2話)

このセリフだけで、ドラマを見たことがなくとも真弓の性格の悪さといじめの内容が容易に想像できてしまうだろう。ドラマを見ていた人なら鮮明に当時の映像が蘇ってくるかもしれない。

放送当時、筆者の周辺環境でもいじめはあったが、いじめっ子も『家なき子』を見ていたこともあり、いじめの怖さを知ったのかいじめは自然となくなった。そのあまりの陰湿さは、現実のいじめをやめさせるほどの威力があったようだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「家なき子」いじめシーンにドン引き 金はないが同情せざるを得ない陰湿さ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本は精神病質な人が多い

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月13日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。