90s

エリオット・スミスの濃密な生涯 タイタニックとオスカーを争った天才シンガー

エリオット・スミスの濃密な生涯 タイタニックとオスカーを争った天才シンガー
画像はAmazonより

それは1998年3月23日、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われたアカデミー賞の授賞式でのできごとだった。どこか恥ずかしげにステージに登場した白いスーツの男が、直立したままヤマハのアコースティックギターを弾き始める。伏し目がちで、いかにも神経質そうな所作。美しくかすれた声と、過剰すぎるほどのリリシズム……。

映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の主題歌「Miss Misery」を作詞・作曲してアカデミー歌曲賞にノミネートされたエリオット・スミスは、自分のようなインディーなシンガーがオスカーの舞台に相応しくないことを充分に理解していた。それでもなお、彼のパフォーマンスは人々の胸を打った。2分前後にカットされても「Miss Misery」は素晴らしい楽曲だったし、1人ぼっちでステージに立つ彼のみすぼらしい姿には、ハリウッド的なゴージャスさとは無縁の聖性が宿っていた。

家庭環境に悩まされた少年時代


エリオット・スミス(出生名:スティーブン・ポール・スミス)は1969年8月6日、ネブラスカ州オマハに生まれた。両親は彼が1歳のころに離婚。母に連れられてテキサス州ダラス郊外で過ごした幼少期は、継父のチャーリーの虐待に苦しんだ。

音楽一家に生まれ育ったスミスは、早くからその才能を発揮した。ピアノとギターを覚え、10代前半から作曲をスタート。14歳になると実父が暮らすオレゴン州ポートランドへと移り、マルチトラック・レコーダーを用いて最初のレコーディングを行った。しかしそのすぐ後には、彼の人生に暗い影を落とすアルコールやドラッグにも手を出すようになっていた。

映画の主題歌に抜擢されブレイク


エリオット・スミスの濃密な生涯 タイタニックとオスカーを争った天才シンガー
画像はAmazonより

1994年に最初のソロアルバム『Roman Candle』を完成させたスミスは、続く1995年に『Elliott Smith』をリリース。同アルバムのリードトラック「Needle In The Hay」は、後にウェス・アンダーソン監督の映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の挿入歌として採用された。このころは特に暗いトーンの曲が多く、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の作中で「Needle In The Hay」が流れたのも登場人物(ルーク・ウィルソン演じるリッチー・テネンバウム)が自殺を試みるシーンだった。

1997年、スミスはソロとして3枚目のアルバム『Either/Or』をリリース。アコースティック色の強かった前2作とは異なり、多種多様な楽器を用いた同アルバムは、美しいメロディーと温もりのあるサウンド、そしてほの明るいユーモアを感じさせる隠喩的な歌詞で、現在でもインディーズ期を代表する名盤として多くのファンに愛されている。

そして『Either/Or』から「Between The Bars」「Angeles」「Say Yes」といった楽曲をガス・ヴァン・サント監督の映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』に提供。「あの映画にはあまり関わっていない」と語ったスミスだが、映画のために書き下ろした唯一のナンバー「Miss Misery」が主題歌として採用された。

故ロビン・ウィリアムズの好演もあって『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』は望外のヒット作となった。無名時代のマット・デイモンとベン・アフレックが共同で脚本を手がけ、後に「#MeToo」運動で映画界から放逐されたハーヴェイ・ワインスタインがプロディースした同作は、歌曲賞の「Miss Misery」を含むアカデミー賞9部門にノミネートされた。

『タイタニック』主題歌とのオスカー争い


この年のアカデミー歌曲賞は、セリーヌ・ディオンが歌う『タイタニック』の主題歌「My Heart Will Go On」が言わずもがなの大本命。しかし「Miss Misery」も決して大穴というわけではなかった。事実、1mmたりともハリウッド的ではないスミスの朴訥としたパフォーマンスの直後、シュライン・オーディトリアムは割れんばかりの拍手と歓声に包まれた。

会場の反応だけならば、『タイタニック』に負けない支持を集めていたスミス。しかし「and the oscar goes to」というお決まりのフレーズの後に、プレゼンターのマドンナが読み上げた受賞作は「My Heart Will Go On」だった。最初から受賞するとはまったく思っておらず、アカデミー賞の権威が欲しいわけでもなかったスミスは、この日のできごとを「すごくシュールな体験だった」と述懐している。

このとき、プレゼンターのマドンナはスミスを応援していたのではないか、という逸話がある。マイナス思考のスミスは大スターを前に「絶対に口をきいちゃまずい。彼女は僕をクズだと思っているんだから」と余計な心配をしていたそうだが、実際にはまったくそんなことはなかった。その証拠に、マドンナはフェイバリット・ソングとして彼の「Between The Bars」を挙げ、同曲のアコースティック・カバーまで披露している。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年11月13日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース