90s

90年代に流行したキャンディ「プッシュポップ」 時代に合わせて(?)進化していた

見た目はミニサイズの極太ペン、キャップを開けてみると中に入っているのはキャンディ。90年代に流行した、いかにもアメリカンなギミック満点の菓子が、キャップを外してフタ底を押してペロッと舐めるタイプのキャンディ『プッシュポップ』だ。

“舐めたいときに舐められる”という特徴


90年代に流行したキャンディ「プッシュポップ」 時代に合わせて(?)進化していた
画像は現在のスライダーズプッシュポップ公式サイト動画より

日本のキャンディは良くも悪くも一口舐めきりサイズのものがほとんど。もちろん、ペロペロキャンディのようなスティックタイプのキャンディもあるが、いずれにしても袋を開封すると、基本的に一度で食べきるしかないという仕様だった。しかしアメリカからやってきた『プッシュポップ』はそんなキャンディ界における「中断できない」というちょっとした悩みを解消したお菓子だった。

『プッシュポップ』の“舐めたいときに舐められる”という、キャンディ好きにとって永遠の課題を解消したかのような魅惑的な仕様は、キッズを虜にした。加えて『プッシュポップ』がペンタイプであったこともあり、腰のベルトにはさむことで携帯して持ち歩けるお菓子としても抜群の存在感を放っていた。

発想は良かったが現実は厳しかった


好きなタイミングでいつでもキャンディの続きを楽しめる、その発想は素晴らしいものだったが、現実は厳しかった。ギミックこそ派手で楽しかったものの、「キャンディを舐めたあとにキャップを閉めると、再度キャップを開けようとしたときにベタベタして開けづらい」という致命的な弱点があったのだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月15日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。