90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

『おさかな天国』のキャラデザインを担当した意外な芸能人とは?

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

「サカナ サカナ サカナ~♪ サカナ~を~食べ~ると~♪」

今から15年前。さまざまなテレビ番組で、耳にタコが出来るほどこの歌を聞いたものです。

1991年に制作された『おさかな天国』


2002年のヒット曲『おさかな天国』ですが、誕生したのは1991年のこと。曲作りに携わった主要メンバーは、作詞家の井上輝彦、ロックバンド『ジューシィ・フルーツ』の元ギタリストで作曲家の柴矢俊彦、その妻で歌手の柴矢裕美。
水産庁の魚食普及事業の一環として、JF全漁連中央シーフードセンターのキャンペーンソングとして制作されたのでした。

「サカナを食べると アタマが良くなる♪」
「サカナを食べると カラダにいいのさ♪」

今、改めて見返してみると、これ以上ないほどシンプルなメッセージです。この単純明快な歌詞を、軽妙なメロディに乗せて歌った『おさかな天国』は、1万本のカセットテープに焼かれて、全国各地のスーパー・百貨店における鮮魚コーナーへ配布されることに。
買い物に来たお母さんとその連れの子どもたちへ、海産物のすばらしさを啓蒙する販促ツールとして、長らく活躍するのでした。

2002年、市販用CDがリリースされる


その後、通信販売専用CDになった『おさかな天国』は、小売業者からの買い付けが相次ぎ、より多くの人から「スーパーで流れてるあの歌」として認知されるようになりました。いつしかその評判はマスメディアの知るところとなり、『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)などのテレビ番組がこぞって放送。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2017年12月15日 10時00分

「『おさかな天国』のキャラデザインを担当した意外な芸能人とは?」のコメント一覧 2

  • 名無し 通報

    酒井さん 頑張って下さい

    0
  • 名無し 通報

    のりピーさん 頑張って下さい

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!