90s

「ぷよぷよ」は当初「ヒトヒト」だった!? テーマはまさかの「人類愛」

「ぷよぷよ」は当初「ヒトヒト」だった!? テーマはまさかの「人類愛」
▲筆者私物のファミコン版『ぷよぷよ』

2月4日は「ぷよの日」。セガの人気ゲームシリーズ『ぷよぷよ』の記念日だった。
『テトリス』の大ブレイク以降、星の数ほど登場した落ち物パズルゲームのジャンル。その中でもっとも成功したのは『ぷよぷよ』シリーズで間違いないだろう。
ゲームセンター、家庭用ゲーム機、ケータイ&スマホアプリと、ありとあらゆるプラットフォームに登場し、四半世紀を超えて愛され続けてきた不動の人気シリーズだ。

『ぷよぷよ』ブレイクの3大要因とは?


ゲーム初心者にもとっつきやすく、それでいて奥が深いゲーム性の『ぷよぷよ』。
シンプルかつ明快なゲームルール。
それを盛り上げるコミカルで愛らしいキャラクター。
そして、落ち物パズルゲームのジャンルで初となった対戦プレイの熱さ。
ブレイクのポイントを簡単にまとめると、この3つになるのではないか。
92年10月にセガより登場したアーケード版、間髪入れずに移植されたメガドライブ版でブレイクした『ぷよぷよ』だが、この時点ですでに基本は確立。
その完成されたゲームシステムに、様々なアレンジを加えることで進化を遂げてきたわけだ。

製作陣もブレイクは予想外!?知る人ぞ知る存在だった元祖『ぷよぷよ』


その前年、今に続くシリーズの原点に当たる、いわゆる「旧世代ぷよぷよ」が登場している。
それが、91年10月25日に発売されたファミコンのディスクシステム版(MSX2版も同時発売)だ。
発売元の徳間書店は、ファミコン専門誌の最古参『ファミリーコンピュータマガジン』の発行元であり、このゲームは「ファミマガディスク」という読者参加企画の第5弾という位置づけだった。
読者のアイデアをゲームにするという夢の企画だったが、このディスク版『ぷよぷよ』は正規メーカー・コンパイルとのタイアップ作品という特別枠になる。
コンパイルの開発者によると、『ぷよぷよ』はメインの仕事というよりも、仕事が終わった後に放課後感覚で作っていたゲームだったという。
当事者さえも後の大ブレイクはまったくの想定外。肩の力を抜いて作ったゲームが思わぬ大ブレイクをしたわけだ。
しかし、この時点で対戦プレイの熱い駆け引きも健在で、キャラクターの彩りをのぞけば、後にブレイクしたアーケード版やメガドライブ版と比べても遜色がないクオリティに仕上がっていた。
ただし、リリース時期はディスクシステムの歴史の中でも末期であり、しかもディスクライターでの書き換え専用とあって認知はイマイチ。
この時点では、知る人ぞ知る名作止まりだったのである。

あわせて読みたい

  • ファミコンの歴史を終わらせたのは『高橋名人』だった!?

    ファミコンの歴史を終わらせたのは『高橋名人』だった!?

  • 「スーパーファミコン内蔵テレビ」は当時の小学生にとっての憧れだった

    「スーパーファミコン内蔵テレビ」は当時の小学生にとっての憧れだった

  • 初代「バイオハザード」がプレステで発売された衝撃 不自由な操作法で恐怖倍増!?

    初代「バイオハザード」がプレステで発売された衝撃 不自由な操作法で恐怖倍増!?

  • バーチャルボーイ、その早すぎた登場に世間の理解が追いつかなかった

    バーチャルボーイ、その早すぎた登場に世間の理解が追いつかなかった

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2019年2月12日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース