巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

4

「モノが多すぎる」趣味人の夫のコレクションを片づけるコツ

2017年5月14日 08時00分 ライター情報:田幸和歌子
一緒に片付けてみましょうか(画像はイメージです)。

断捨離・片付けの番組や雑誌記事、本を見るたび、感じるのは「一人暮らしならできるかもしれないけど、家族が一緒だとこうもいかないよなぁ」ということ。
特に夫がコレクターだったり、趣味人だったりする場合には「夫のモノが多すぎる」と嘆く女性が多く、ネットの掲示板などには多数の悩みが見られる。

整理収納アドバイザーに聞く片付けのコツ


夫のモノが多すぎる場合、片付けはどうしたら? 『ずっと美しく暮らす シンプル収納の家づくり』等の著書を持つ、整理収納アドバイザーで「Interior-R」の西口理恵子さんに聞いたところ、実は西口さんもかつて同じ悩みの持ち主だったことが発覚!

「私の主人も独身時代にはすごくモノが多くて、捨てられない人でした。主人の場合、同じモノをたくさん持つことが多く、例えば黒のTシャツだけで40枚くらいあったんです」
しかし、「結果」には必ず「原因」があるもの。そこで、まず「原因を聞く・探る」と、その過程で「以前、週に一度まとめて洗濯するため、なくなって困る経験が増えた→同じモノをたくさん持つようになった」ことがわかったそう。

「原因がわかれば、取り除く方法が見えてきます。我が家の場合、これまで全部たたんでしまわれていた40枚ものTシャツを、1枚ずつ全部ハンガーにかけて、見えるようにしました。見えることで初めて『たくさんある』ということに気づいたのです」

コレクターや趣味人にも、まず「原因」を聞くことが有効だそう。
とはいえ、コレクターや趣味人の場合、価値観をなかなか共有できないだけに、難しいけど……。
「モノの多いご主人に片づけてほしいと言いにくいのは、実は奥様のほうもあまり収納していない可能性がありますよ。例えば、自分の服やバッグが大量にあると、ご主人にモノを捨てろ・減らせと言ったところで、逆に『じゃあ、お前はどうなんだ?』と言われてしまうかもしれません」

関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    大事な点が抜けている。記事に書いてることを同意なしで勝手に始めると離婚案件になりかねない。これほんと注意ね。

    18
  • 匿名さん 通報

    発想を変えて、賃料の安い田舎に引っ越そう。今まで以上にモノを増やせる。

    3
  • 匿名さん 通報

    「モノがないことで得られるゆとり」よりも「モノがあることで得られるゆとり」の方が大事

    2
  • 匿名さん 通報

    記事を読めば、ものを持っている人の同意を前提にしていることは明白。不足しているのは読まないで文句つけてる奴の脳味噌。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!