0

スキマスイッチ 新しい章の幕開けとも言うべき渾身の一枚 ニューシングル『LINE』/インタビュー

 

■New Single『LINE』インタビュー(1/3)

「今回は本当、2人一丸となって作ったって感じがします」(常田)

昨年12月にアルバム『スキマスイッチ』をリリースして以降、長い全国ツアーの旅へと出ていた彼ら。今年7月に“SPECIAL”と題した終着地に辿り着いた2人が今、約1年ぶりとなる新曲「LINE」を完成させた。タイトル曲はTVアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のオープニングテーマとして書き下ろされた楽曲で、彼らにとっては「星のうつわ」に続き2回目となる『NARUTO -ナルト-』作品への参加となる。一方、カップリングの「ハナツ」は、つい先日日本中を熱くさせたことも記憶に新しい、今まさに旬と言えるであろうラグビーの、全国高校大会を彩る大会テーマソング。彼らは菅平の合宿所を実際に訪れた上でこの曲の制作に取り掛かったという。ツアーを経て彼らが手にしたものと新たなる挑戦――それらが渾然一体となった、スキマスイッチの新しい章の幕開けとも言うべき渾身の一枚について語ってもらった。
(取材・文/片貝久美子

今までの自分たちがやってきた過去のものをちょっと背負って、未来に向かってまだ走っていく

――今回のシングル『LINE』はアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のオープニングテーマですが、昨年公開された映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』に続いての『NARUTO -ナルト-』作品ということで、お二人の中にもすでに“NARUTO感”があった上での制作だったのでは?

大橋卓弥(以下、大橋):そういう意味では、前作『星のうつわ』の時にオファーをいただいた時、『NARUTO -ナルト-』っていうと疾走感のあるアップテンポな楽曲を書いてくると思われるんじゃないかなと思ったりしていて。

2015年11月11日 16時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!